2017年4月13日 (木)

「プラッツ キハ40 旧国鉄色」、2017年7月発売

「プラッツ キハ40 旧国鉄色」、2017年7月発売とプラッツサイトにありました。

Z4003m_01

動力車(Z40-03M)、定価税込11,880円。
動力なし(Z40-30T)定価税込み92,880円。えっ?!!!!
記述間違いで、9,288円のようです。

今までと同じで
ヘッドライト/テールライト点灯、ON/OFF切り替えOK。
室内灯なし。オプションなし。
アーノルドカプラー付属。
行き先などのシール付属。
1両走行時の最小半径R120。
2両連結走行時(プラッツ製品で構成)最小半径R145。

となってます。
ちなみに今までの付属は、
首都圏色(オレンジ単色:Z40-01M/Z040-01T)が
アーノルドカプラーと行き先などのシール。

東海色(白系クリームとオレンジ系/茶系の帯:Z40-02M/Z40-20T)が
アーノルドカプラーと行き先などのシールと無線アンテナ。

でした。

プラッツurl↓
http://www.platz-hobby.com/categories/3_134_227.html

プラッツ直営通販で予約すると特典があるようです(期間限定)。
http://www.hobby-shop.jp/index.php?sl=JP

↑静岡ホビーショーの画像をクリックする(5/14まで)。
↑鉄道模型 > Zゲージ > 車両 で進む(普段)。

今度の発売で、2013年にプラッツが発表した全種類が揃います。

7月以降、プラッツの0系新幹線なんか復活して欲しいです。

2017年4月 4日 (火)

ロクハンC57門デフ 入手しました

ロクハンサイトで3月28日問屋着とあった、T027-2、C57 111号機(門鉄デフ)を入手しました。

ネットで店舗在庫を確認して買ってきました。

パッケージ↓
C572a_2

取説、アーノルドカプーが付いてます。

↓ダミーカプラー(工場出荷状態)からアーノルドカプラーに交換(1)
C572b

↓ダミーカプラー(工場出荷状態)からアーノルドカプラーに交換(2)
C572c

という感じです。

まーこれは、3月決済ってことで、同時j発売の「T027-3 お召し仕様」を4月決済にしました。5月に発売予定の「T027-4 スノー^プル(?)付き」を5月決済にする予定なので、他に欲しいものは、6月以降の予算計画に計上です。

Nのショーティーでもいいかなって思うようになってきた自分もいます。

2017年2月25日 (土)

ロクハン C57 19 入手

ロクハン T027-1が2/24問屋到着と発表があったので、2/25店舗を覗いたところ、C57を販売していたので買ってきました。

C57_1a_2

↑パッケージと取説とアーノルドカプラー

C57_1b

C57_1c

で結構高いので、月1台のペースで販売していただければ助かります。

が、T027-2/T027-3は元々同月販売が予定されていたのが怖いです。

C57の発売で、蒸気機関車は4種類になりました!

天賞堂D51、天賞堂C62、ロクハンC11。

追伸、ネットでは煙突の形がおかしいとか批評だけしてるサイトがありました。
Nゲージになると、形状が気に入らなかったので改造しましたというサイトもあって、
ZゲージとNゲージのファンの意識レベルの差を痛感しました。

自分は模型ファンで、鉄道ファンではないので、どこがおかしいのか?ということは気になりません。

余談、Zゲージの元祖メルクリンの車両は、めちゃ高い(たけぇ~~)ので手が出ません。

2017年1月12日 (木)

新幹線0系中間車(1)入手(Zゲージ/デアゴ)

デアゴ「昭和にっぽん鉄道ジオラマ」Vol.67とVol.68で新幹線0系中間車1が手に入りました。

16010a

床下パーツは、見た目動力車で重さも動力車に思えたので、走行テストしてみました。
一応、走ることが分かっている「キハ52」が走ることを確認した後、同じレールで新幹線0系の走行テストしてみました。
ううっ・・・走らない!!
本当は、無動力車なのか?自分だけが不良品の動力車なのか?分からなくなりました。
分解してそれこそ壊してしまっても仕方ないですし。
もし動力車で不良品なら、交換は早いほうがいいと思いますし・・・・
デアゴに問いあせてみます。無動力車でありますように!

補足:走行テストはR145(ジオラマのローカル線)じゃなくて、室内灯なんか取り付け状態を確認するために作った、約650mmの直線レールの撮影台(自称)でおこないました。

とりあえず、専用ケース
160110c

で保管します↓
160110b_2

追伸、新幹線0系中間車が走らない件。
デアゴへの問い合わせ
>新幹線のモーターが付く駆動車は中間車両となります。
>今後の号でのご提供となります
って、一応新幹線は4両j編成で提供ってことなので、次回提供の「中間車」がモーター付き(M車)ってことだ。
よかった今回の新幹線0系「中間車」はモーターなし(T車)だった!

2016年12月27日 (火)

ロクハン「C57」や「キハ40」発売延期っぽい

ロクハンT027-1「C57蒸気機関車 19号機(?)」の発売が予告より1ヶ月遅い2017年1月発売延期になったました。

また、プラッツ「キハ40 東海色」-動力車(M車/Z40-02M)および無動力車(T車/Z40-02T)も12月発売から2017年1月発売延期になりました。

以上の情報は、販売サイトで見ました。

追伸:「ロクハン」のHPでの「C57」は2017年1月発売ってなってた。

2016年11月28日 (月)

Zゲージの今後(2016.11.28現在)

プラッツの「キハ40東海色」M車/T車、11月から12月発売に延期決定!                      

ロクハン「コンビニ」3種、2016年12月発売予定。
→橙(セブンイレブン風)、S049-1、2,031円(8%税込)
→白(ローソン風)、S049-2、2,031円(8%税込)
→灰(ファミリーマート風)、S049-3、2,031円(8%税込)

ロクハン「木造機関庫」2種、2016年12月発売予定。
→こげ茶、S051-1、2,031円(8%税込)
→茶、S051-2、2,031円(8%税込)

ロクハン「24系北斗星 JR東日本/JR北海道編成」基本/増結、2016年12発売予定。
→基本7両セット、T017-1、18,262円(8%税込)
→増結7両セット、T021-2、15,390円(8%税込)

ロクハン{C57機関車」、標準/門デフ/お召し3種予約受付開始!
→1次型標準19号機、T027-1、12月発売、18,262円(8%税込)
→1次型門デフ111号機、T027-2、2017年2月発売、18,262円(8%税込)
→1次型お召し1号機、T027-3、2017年2月発売、18,262円(8%税込)

てなりました。

しょーもないですが、「Z GAUGEで遊ぶ」コンテンツも公開してます。

2016年10月27日 (木)

工場1、さんけい新作ストラクチャー

さんけいの「みにちゅあーとプチ 工場-1 (組み立てキット)」が11月下旬に発売だそうです。
だいたい税込みで、2,268円。
サイズは、W75×D70×H30mmだそうです。
ちなみに縮尺は、1/220です!(Zゲージ)

20161026_2

ホビーサーチで予約してます

2016年10月22日 (土)

「第39回日本鉄道模型ショウ」行ってみた(2)

「第39回日本鉄道模型ショウ」行ってみた(2)

黒木MSRは、LEDなどの電子部品が大半のような気がしました。
MSRサイトではZゲージストラクチャーを通販しているから。

YFSは人だかりがしていて、Zゲージ人形をじっくり見れませんでした。

天賞堂は、Zゲージのワフなど貨車系を5両購入の割引ってか投げ売り的でした。

ロクハンは、
→「こまち」塗装完了で走ってました。
→C57はすでに発表済みのT027-1/T027-2(門デフ)以外に
ボードでT027-3「1号機お召し列車」、T027-4「5号 1次」が紹介してました。
→ショーティーは、前回と同じ展示の「EF66系試験塗装」「コンテナ車」「103系オレンジ」「103系ウグイス」「113系か115系湘南色」「EF81」「キハ52」「24系客車」でした。
展示解説は「参考展示」から「試作品展示」になってました。
→発売予定のキハ52の無動力車(T車)、T009-6(T009-1と同じ塗装)、T00-6(T009-4と同じ塗装)が展示されてました。
→さらには、ロクハンHP、2016.10.21付(夜遅く更新と思われる)で11月発売で紹介されていた、ワム70000形貨車2両セット(番号違い、T024-3/T024-4)とトラ45000形貨車2両セット(番号違い、T025-3/T025-4)が展示されてました。
追記:C57の最小通過半径はR145です。

他も展示されてましたが、現地で確認するか、ロクハンHPの展示報告を見てください。

なお、やっとロクハンHP(2016.10.21付)でキハ52(T009-1)の再販決定が報告されました。

ロクハン新着情報へ

プラッツは、トランクトレイン(?)で、「キハ40」2両編成、首都圏色と東海色が走ってました。
「JMRA CATLOG 2016」にプラッツの広告があり、「キハ40 東海色」に触れています。161022b

モーリンはいつも通り、シナリーなどを展示してました。

アドバンスはZゲージストラクチャ以外に、天賞堂Zゲージやロクハン車両を扱ってました。
アドバンスの製品カタログは、「自由に持ち帰り」状態でした。

津川洋行は、他の出展者もそうなんですが、見た目Zゲージに見えるけど、線路をよく見るとNゲージじゃん ての車両を展示してました。
一応、Zゲージ用のホイルクリーナはあった気がします。

さんけいは、係の人に言えば(?)、製品カタログをもらえるようです。

会場で商品購入が出来ます。
電車賃とか入場料を考えると、商品購入だけなら、ネット通販の方が安上がりになりそうです。

※今回、クラウンモデルの参加がありませんでした。
「おおさかホビーフェスティバル」にクラウンモデルが参加するようなので、ストラクチャで何か進展があるのか?見学報告での確認になります。

※追記、ロクハン、T025、トラ45000形について
→トラ45000形、トラ43500~トラ53183(1960-1963造)。
トラ45000形(基本)、妻面=プレス鋼板/床板=t6mm鋼板。
・T024-1、(コ)トラ45021/(コ)トラ49663、45000形基本型、メーカ在庫なし。
・T025-3、(コ)トラ45713/(コ)トラ46190、45000形基本型、11月発売予定。
・T025-4、(コ)トラ48645/(コ)トラ51261、45000形基本型、11月発売予定。
トラ145000形、45000形を改造(1978)、妻板=平版、床板=木製に改造。
・T025-2、(コ)トラ148536(海)/(コ)トラ149252(海)、45000形改造型。

と2種類発売されてます。

「第39回日本鉄道模型ショウ」行ってみた(1)

「第39回日本鉄道模型ショウ」行ってみた(1)

大田区産業プラザに9時45分頃到着!

スゲー並んでる!!
161022a_2

9時55分に入場手続き開始して、当日チケット入手が10時15分で入場出来ました。

会場内は太った人が多いと思いました。

第39回日本鉄道模型ショウ」行ってみた(2)につづく。

2016年10月20日 (木)

プリモロコの新作ストラクチャ、未だ発売されず。

2016年6月から順次発売開始がアナウンスさえていたプリモロコ(クラウンモデル)のZゲージ人形、乗用車、商用車、バス、コンテナ輸送用トラック、が未だ発売されません。

しびれを切らして、建築模型用1/200乗用車100台セットを購入してみました。

100台全部がバリ、ランナーからの切り離し時の塗装はげがありました。
、さらには、クリアパーツをねじ切ったのか、曇っていたり、割れていた模型が多数含まれていました。

161020a

クリアパーツの曇りなどは目立たないのでヨシとしました。

模型自体はジオラマに設置して撮影した場合、バリや塗装はげは目立つので、
バリは1台づつ取り除き、装はげも1台づつ同系色でぬりました。

同系色なので、塗った後が分かる物もあります。

これらの作業は楽しく出来たので、「商品だら神経使って組み立てた方がいい」くらいは言わせていただます。

一応,不慮の事態に備え、何台か購入当時状態で保存してます。

バリ取りと塗装が完了したもの↓
161020c
↑後ろからは、車内が見えています。

作業が完了した1/200自動車全体 ↓
161020b