2012年12月20日 (木)

スケジュールで使うスタンプ(印)

システム手帳使ってるんですが、何かスケジュールシールを貼ると、裏側が書きにくくなったり、シールはったところが重なって、手帳の厚みが増したりします。

で、スケジュールスタンプでもゴム印でない、浸透印(シャチハタみたいな印)で、”こどものかお”から「スケジュール浸透印」が発売されていて、

スタンプ色も赤・青・黄・緑などがあり、豊富なデザインの中から選べば「大人」の手帳のスケジュール印として使えます。

自分の中では、「大当たり」です。

2011年2月27日 (日)

A6システム手帳 - テララ手帳

A6サイズ収納で検索していたら、

A6サイズシステム手帳こと、テララ手帳ってのが、アマゾンで販売されていた。

まだ、商品として確立していないらしく、ネットでの商品カタログが無かったり、送付元が会社名じゃ無かったりする。

で、なぜ、A6かと言えば、『血圧手帳』、『お薬手帳』、他、特定薬品の取説が、みんなA6サイズなんですよ!

で、A6サイズなんで、1つにまとめられればと思い、『A6 収納』で検索していたわけ。

で、A6テララシステム手帳は、革製は、カレンダーリフィルがセットで、黒・ワインレッドがあるみたい。

で、合皮製だと、黒(?)・ネイビー・ライトブラウン・レッドがあるみたい。

でリフィルは、カレンダや方眼紙、横罫メモあるみたい。でも種類が少ない。

サンプルでもらったリフィルは、気に入らなかった(すいません)。

A4サイズを25%印刷で自作できますって、商品解説にある。

システム手帳職人でA5サイズのリフィル印刷を70%縮小印刷すれば、A6リフィルになるはず。

で、穴開けは、ミニ6用パンチを使う。

ミニ6用パンチは、Ashford、日本能率協会(Bindex)、KNOX当たりの製品が販売されてる。

でも欲しいのは、

インデックス定規、ガイドプロテクター、下敷き、名刺・カードホルダー、ファスナーポケットなど

自作するのが難しい物ばかり。

できれば、A6の小冊子を収納できるリフィルとA6システム手帳にできればうれしい。

需要が見込めれば、能率協会とかが手を出すかも。

2011年2月18日 (金)

システム手帳 A6サイズ 登場!

システム手帳でA6サイズが登場!! テララ手帳 だって。

リフィルは、無印良品とかの流用が主で、オリジナルリフィルが少ない。

システム手帳職人でA5サイズリフィルにして、印刷設定で拡大縮小で、出力70%でだいたいA6サイズになっちゃう。

あとは、切り出して、穴開け!

穴開け用のパンチはミニ6用でOKだって。

今のところ、A6テララ手帳はリフィル自作派に向いているみたい。

今後、リングサイズやオリジナルリフィルのラインナップに期待したい。

あと、A6で気になったのが、『血圧手帳』とか『お薬手帳』とかあって、これらもA6システム手帳に収納できると嬉しいかも。

2009年12月14日 (月)

システム手帳-リフィル

年末で、リフィル-無料ダウンロードって、検索ワードが増えています。

次のような理由で、日付入りとかは、市販品で間に合うのであれば、市販品を購入するのがいいです。

●お好みシステム手帳、システム手帳職人などのソフトの購入やプリンタや用紙の購入など、年1回程度の印刷では、費用的に効果的でない。

インターネットでダウンロードになるのでパソコンも必要。

●自分の気に入った用紙に印刷する場合、定型リフィル用紙の作成でカッター、カッティングマット、定規などを用意する必要があり、真っ直ぐ切れるとは限らない。

●自分の気に入った用紙に印刷する場合、リフィル用パンチが必要で、なかなか穴の位置がセンターにならなかったり、穴がぎざぎざになったりで大変。

●インクジェットプリンタで印刷すると湿度とかの影響でにあとあと、にじんだりする。

●市販品で納得出来るものが多い。

●手作りでは、思った以上に時間がかかり、コスト高になる。

それでも手作りしたいという方は、一度こちらをご覧下さい。

http://homepage3.nifty.com/soshigaya/teki/011/11main.htm

で、当サイトの場合 で、ノートリフィルをダウンロード出来ます。

2009年6月10日 (水)

アッシュフォードのリフィルサイズ

アッシュフォードのリフィルサイズですが、

物差しで測定してみました。

バイブルサイズが95x170mmで

ミニ6サイズが80x126mmでした。

ミニ5サイズは入手できませんでした。

A5サイズは用紙の規格サイズなので入手しません。

なお、アッシュフォードのバイブルサイズのパンチは、最近、穴の位置ずれがひどくて

困っています。

2009年5月31日 (日)

色紙のリフィル

紙が灰色とか水色とかのリフィルは、アッシュフォードやエヌ・プランニングが発売してます。

自分はバイブルサイズでも長さ170mmを使っていますが、エヌ・プランニングのは171mmあるので、違いが目立ちます。

そこで、今度、アッシュフォードのリフィルサイズを調査する必要があると思いました。

2009年5月 8日 (金)

ホームページ更新

ホームページ更新しました。

適当講座-システム手帳リフィル考=当サイトの場合で、バイブルサイズ背景色リフィルを追加しました。

元の紙より堅くなるし、水性ボールペンの文字がにじむ傾向があります。

一締め、500枚の色つきの紙を買うよりは、お得かもしれません。

URLは、http://homepage3.nifty.com/soshigaya/

です。フレームを多用したコンテンツなので、パソコンで見てください。

2009年4月30日 (木)

リフィル=バイブルサイズ、背景色できた

色つきの紙って、数枚ほしいなと思うと、やたら厚みがあったり、コピー用紙くらいの厚さだと、500枚単位でしか購入できないなどの理由から、いっそうのこと、白い紙を色つきで印刷して、ノートリフィルにしたらと考え、自分が使っているバイブルサイズで、試してみました。

灰色系、赤色系、黄色系、緑色系、青色系、桃色系、を作ってみました。

紙全面にインキが塗られることになるので、元の用紙と比べ堅くなるようです。

そのうち、ホームページで公開する予定です。

ブックカバーは危険なデザインでいいのか、迷いだいしてしまい、未完成のままです。

なんか、世の中では、A5とかB5とかA4のリフィル探している人が多いみたいですが、これらは、用紙の規格に適合したサイズなので、ワープロとかで自作されたらいいと思います。

まぁ~、ホームページの方では、こんなリフィルがほしいという要望をしてくださいと広告していますが、全く、要望の発信がないので、これでいいと思います。

何せ、趣味の世界なので、こちらから市場調査をする必要はないと思います。

こんな、リフィルがほしいというものがあれば、発信していただくしかないです。

2008年12月24日 (水)

システム手帳-ナローサイズノートリフィル登場

12/22頃ホームページを更新し、適当講座11.システム手帳-自作リフィル-当サイトの場合に、ナローサイズリフィルをPDFファイルでダウンロードできるようにしました。

是非ご利用下さい。

URLは、http://homepage3.nifty.com/soshigaya/ です。

※花子というソフトと中心と話題を提供しているので、パソコンでインターネットしてもらうのが本筋だと思いますので、携帯電話でも見れるブログは、文字中心になります。

2008年12月 5日 (金)

リフィル2008/12/05

昨日12/4の検索フレーズを見るとシステム手帳関係がベスト5でした。

三習工業さんのバイブルサイズリングノートは横罫間隔6mmで25行でした。

KinutaHandicraftでは、ナローサイズのダウンロードリフィルが1つもないので、今後追加したいです。

A5リフィルも検索上位にきてました。用紙規格のサイズなので、自分で作れば?
A4横用紙を2分割するとか。アプリケーションソフトで作れるでしょ?

リフィル用紙6穴とかも検索上位でした。6穴パンチについては、KinutaHandicraftで話題として取り上げています。

この場をお借りしてのダウンロードファイル情報の訂正。

バイブルサイズ2つ折り、3つ折りの横罫間隔5mmとしましたが、元ファイルで行数を数えたら、27行しかなかったので、横罫間隔は6mmが正解だと思います。
ダウンロードできるファイルでは検証していません。