« Zゲージの今後(2016.11.28現在) | トップページ | 少年サンデー2017.2号 感想 »

2016年11月30日 (水)

少年サンデー2017.1号 感想

小学館コミックス1月新刊が「コミックえもん!!」で公開されました。
少年サンデー連載作品では、
BIREDMEN9巻、天使とアクト!!7巻、天野めぐみはスキだれけ!5巻、双亡亭壊すべし3巻、魔王城でおやすみ2巻が発売予定です。

サンデー連載で初動ではオリコン50(you大樹)では、圏外だっもので印刷媒体で売る上げを伸ばしているのが、
古見さんは、コミュ症です。1巻」、71,555部(~11/27集計)、
魔王城でお休み1巻」、30,070部(~11/27集計)、

POSデータをみたいと思って調べましたが、初期登録費10万円以上、月額10万以上で、趣味の範囲を超える高額になるため、無料公開されているランキン500を使っています。
ランキング500の検出限界は、2000~3000部以上になります。

電波教師 232限目:ブラフ発動』
ブラフ = Bluff、だます、はったりの意味。
で、純一郎の「はったり」が効いて、退避するラシア連邦軍。
AI人工島「こよみん」の危機は去った。

と思ったら、アーニャが工作員で、「こよみん」に爆破装置を仕掛ける。

がミーシカが爆破装置を撤去。
ミーシカの伝言を読み、号泣するアーニャ。どういたアーニャ。
最終章はあと5回の連載で終わりか???
2号につづく。

で、24巻の売り上げ(印刷物)は、11/14~11/27の集計で、23,870部でした。

『だがしかし』
今週もハジメさんが暴走。ほたるさんが帰ってきたらハルマゲドンだ!
だがしかしのコミックス売れすぎて、購入特典が付かなくなったのが”たまにきず”。

「RYOKO」と「だめたらすさま」
コミックス発売になったら買いたいと思っている。

「鬼ヲ辿リテ幾星
なんか1巻、発売初動でいきなり圏外だったのが影響したのか、連載順序だと「打ち切り近し」のあたりのページで掲載されてる。
12/16発売のコミック2巻の売り上げ初動が今から気になります。

「サンデー非科学研究所」
コミックスが発売されれば、作家などのサンデー裏話資料として購入してもいいと思った。

« Zゲージの今後(2016.11.28現在) | トップページ | 少年サンデー2017.2号 感想 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194269/64563249

この記事へのトラックバック一覧です: 少年サンデー2017.1号 感想:

« Zゲージの今後(2016.11.28現在) | トップページ | 少年サンデー2017.2号 感想 »