« 「昭和にっぽん鉄道ジオラマ」用車両収納ケース来た | トップページ | 2016.10.16頃、小学館ビル付近 »

2016年10月16日 (日)

Zゲージ20系寝台客車室内灯がつかない!など

東京マイルのEF65-500・20系寝台客車7両基本セット、買ったときから室内灯が点滅していたので、車輪の掃除をしました。

が、1両だけ室内とが点灯しなくなってしまった。壊れたかとあせりました。

が、車輪から床下に電気を流す銅板や床下銅板に接点復活剤を散布し、しばらく放置しましたが,点灯しませんでした。

そこで、導通をチェックすることにしました。
テスターがなかったので、だいぶ前に作ったLED+抵抗セットを組みたてたものを使ってみました。
クリップは太いので、クリンプの先に針金を取り付け、車輪と車輪の銅板、車輪の銅板と床下銅板、床下銅板と室内灯のそれぞれを導通チャックしてました。

すると、車輪銅板と床下銅板の表面 の錆が不導の原因でした。
車輪の銅板などの錆はやすりで落としました。

車輪から室内灯までの導通がOKになったので、線路に載せて電源をONにしたところ、室内灯が点灯しました。

Zゲージのメンテナンス用品(工具?)に新たに導通チェッカーが加わりました。
20161016

↑基板やクリップなどは、電子工作用品を扱う店で買いました。

※追伸、LEDは電池とLEDの間に抵抗をつながないと光りません。最近、LEDに抵抗組み込み済みのものを大工センターで見かけました。

次に、Zゲージ動力車はメーカーによって動き出す出力が違うので、重連なんか無理です。

そこで、ロクハンの動力車とプラッツのT車をつないで、「キハ40」移送中って感じにしてみました。
20161015

« 「昭和にっぽん鉄道ジオラマ」用車両収納ケース来た | トップページ | 2016.10.16頃、小学館ビル付近 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194269/64356335

この記事へのトラックバック一覧です: Zゲージ20系寝台客車室内灯がつかない!など:

« 「昭和にっぽん鉄道ジオラマ」用車両収納ケース来た | トップページ | 2016.10.16頃、小学館ビル付近 »