« 2016.10.16頃、小学館ビル付近 | トップページ | 少年サンデー2016.47号、感想 »

2016年10月18日 (火)

イモ半田チェッカ-

まだ、エレキットを「嘉穂無線」がやってた頃の電子工作キット。

ELEKIT KPS-322 導通チェッカー!

1Ω抵抗でハウリング音から連続音になるところに調整して使います。

ハウリング音がすると、電気が流れているても、回路として機能しない「イモ半田」を検知出来ます。
電池を替えたら今でも使えるようです。
※取説がないので本当の使い方ではないかもしれない。

電子工作を始めたころなので、ICにはソケット、トランジススタは長めのハンダ付けにして熱で半導体が壊れるのを防止してました。
トランジスタなどの脚は、アルミのクリップ(はさみ)で挟んでハンダ付けしてました。

そういえばW数の小さなハンダごてで、ぬらしたぞうきんを使ってました。

20161018_2

↑最終改造形、スイッチ付き、コードはジャック式で着脱出来ます。
↑電池(単5)交換は、ナットを外して、上板を外して行います。

余談、電子工作キットの「導通チェッカー」は、共立電子(?)ワンダーキットのTU-7GLが販売中です。
こちらも「音」でだいたいの抵抗値が分かるようになっているそうです。

« 2016.10.16頃、小学館ビル付近 | トップページ | 少年サンデー2016.47号、感想 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194269/64367260

この記事へのトラックバック一覧です: イモ半田チェッカ-:

« 2016.10.16頃、小学館ビル付近 | トップページ | 少年サンデー2016.47号、感想 »