« 少年サンデー2016.36号、感想 | トップページ | 少年サンデー2016.37/38合併号、感想(なのか?) »

2016年8月 9日 (火)

ロクハン Y字ケーブル

ロクハン ポイント分岐用Y字ケーブル。

「昭和にっぽん鉄道ジオラマ」のローカル線里山エリア(R145)には円軌道と楕円軌道の切り替えでポイントが2つありますが、円軌道/楕円軌道のポイント切り替えには、2つの切り替えスイッチが必要で、2つ同時操作になります。

そこで、Y字ケーブルを使うことで、1つの切り替えスイッチで2つのポイントが同時操作出来てるんだと知りました。

車両は、先月、ほぼ入手不可能な天賞堂D51半流が入手出来ました。
今月は、なかなか入手が難しくなってきた天賞D51長野式集煙装置を入手してしましました。

そこで、次の車両購入は、9月以降になり、通勤形直流電車103系を入手したいです。
103系で最初に導入するのは、オレンジ色(中央線快速)、カナリヤ色(中央線各駅/総武線)がいいです。

さて、天賞堂などR195以上で走行可能な車両が集まってきましたが、「昭和にっぽん鉄道ジオラマ」は、R195-0系新幹線軌道の里山エリアだけでも構築がVol.50になってもだめそうです。

そこで、R195オバールセットAをまねた、簡易ジオラマを作り始めてしまいました。
地上線は、3ポイント入れて、高架線もある2ラインになりそうです。

昭和にっぽん鉄道ジオラマ製作記や今後掲載予定のR195オーバル製作記のコンテンツは、こちら↓
http://kinutahandicraft.com/sntd/index.htm

« 少年サンデー2016.36号、感想 | トップページ | 少年サンデー2016.37/38合併号、感想(なのか?) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194269/64036397

この記事へのトラックバック一覧です: ロクハン Y字ケーブル:

« 少年サンデー2016.36号、感想 | トップページ | 少年サンデー2016.37/38合併号、感想(なのか?) »