« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月27日 (水)

少年サンデー2016.35号の 感想 など

以下、なんのこっちゃ と思う方は、少年サンデー35号を見てください。

電波教師 215時限目:フラッシュバック』
18ページ掲載。
食料庫が燃えはじめて、パニックになる6-Sメンバー。
ミーシカにフラッシュバックが起こり、火を消すために能動的にミーシカ動き出す。
色々あって消火に成功する。
がミーシカが能動的に動いたのが気に入らないアーニャだった。
6-Sメンバーはいつになったら課題を達成し、島を脱出できるのか?
ミーシカのフラッシュバックがあったが、ミーシカに何があったのか?
あと3話で24巻突入です。
次号(36号)につづく。

古見さんは、コミュ症です。』
山井に拉致された只野君から始まる。
山井さんチにいく、古見さんと長名。
山井のj部屋で只野をj発見し、解する長名。
でも山井さん出刃包丁を振り回す。
といつもは「プルプル」の古見さんが「キリッ!シャキッ!!」になっちゃう。これはこれで不思議だ。
毅然とした態度をとって、山井宅を去って行く、古見さんと只野。
山井の部屋で腰を抜かしてる長名だった。
次号(36号)につづく。

魔王城でお休み』
とらわれの牢に温泉を作っちゃう姫だった。
姫を監禁してる側のヤツラが大変だ。
次号(36号)につづく。

『絶対可憐チルドレン』
真木の過去編から、カタストロフィー号あたりの過去編に移動。
過去にこだわらないで、ストーリーを未来に向かって進めてほしい。
『絶チル』自体がカタストロフィーに向かってるように思えてならない。

9月116日発売予定コミックス
・電波教師 23巻
・魔王城でお休み 1巻
・古見さんはコミュ症です。 1巻
・鬼ヲ辿リテ幾星霜 1巻
・あおざくら 防衛大学校物語 1巻
・サイケまたしても 6巻
・競女!!!!!! 12巻
・MAJOR 2nd 6巻
・境界のRINNE 32巻

2016年7月22日 (金)

Zゲージ「プラッツ キハ40 無動力車」が発売されました

2016年4月ぐらいから発売するとのアナウンスのあった、「プラッツ キハ40 動力なし」が7/19(7/20)頃発売されました。

品番など
プラッツ製、Z40-01T キハ40 2000番代 国鉄首都圏色(オレンジ色) 動力なし。
ヘッドライト/テールライト装備で、ON/OFF切り替え出来ます。
ダミーカプラーとアーノルドカプラーが付属し交換出来る。
ステッカーあり(普通/急行/快速/回送など)。
※室内灯なし。

ですが、ナンバーが動力車(Z40-01M)と同じ、「キハ40 2131 名ナミ(1981年) 」のようです。
せめて、番号を変えて、「キハ40 2132」あたりにしてほしかったです(鉄道素人の意見)。

今後、2013年の制作発表であった、「JR東海色」「旧国鉄色」は発売されるのでしょうか?

まぁ、今注目なのでは、発売中のロクハンの103系直流通勤形電車と
今秋発売予定のC57蒸気機関車です。

Zゲージでの各種蒸気機関車の開発に期待します(無理か?)。

天賞堂のZゲージ蒸気機関車は欠品が多いので再販してほしいです。

「昭和にっぽん鉄道ジオラマ」製作記のかたわら、ちょっとネットを調べてZゲージ車両についてまとめてみました↓
http://kinuta73.a.la9.jp/sntd/index.htm

2016年7月20日 (水)

少年サンデー2016.34号の感想 と SSC7月新刊ランキング

電波教師 214限目 理事長がいないなら・・・』
18ページ掲載。
6-S夏合宿で島を組み合わせて、暦思考型AIが面白いと思うまで、島から帰れない!
とAIが審査に飽きてしまった!食料は1ヶ月分あったけど、食料庫が水没!!

なんとか食料をかき集めると1週間分あった。
のんびり島の生活を楽しむ、純一郎や武士桃太達(犬神/猿田/雉山)。

一方焦る6-Sのメンバーもいた。焦るグループはマキナに暦の行動や思考を再現させる。

暦になりきったマキナが島を組み合わせてみる!
AIの判定は、普段の「暦の発想なので、「面白くない」。困りまくる6-Sのメンバー達。

そんな中、最後の1週間分の食料がある倉庫が火事になる。
島にいるみんなは後がなくなった!!
次号(35号)につづく。
あと4話で24巻突入です。

『コミュさんは、古見症です。』
『古見さんは、コミュ症です。』
今回も変なお友達、山井さんの登場。なんか古見さんの髪の毛食べたり、古見さんなら何でも大興奮のようです。
いまでも、男か女かよくわからない長名(おさな)さん、古見さんの犬になった上理(あがり)さんが登場してますし、古見さんは今回、「ぷるぷる」から「ギギギギ」って感じでした。
ところで、古見さんの通訳の只野くんがいません。只野君は拉致されたもよです。
次号(35号)のつづく。

『魔王城でお休み』
毎回、姫は魔王城を脱出チャンスがあるのに・・・と思います。まぁそういうオワライなんでしょうけど。

『絶対可憐チルドレン』
真木の過去編。なんかつまらないと思ったら、兵部と真木などヤロウばっかですんなりストーリー展開してたからだと思った。
珍しく次号(35号)につづく。
8月18に頃、絶チル46巻発売らしい。

SSC7月新刊コミックス、週間ランキング
・オリコン50(毎週木曜発表)当確(と思われる)
→→マギ30巻、MAJOR 2nd5巻、双亡亭壊すべし1巻、柊様は自分を探している1巻。

・オリコン50当落線上(どちらかわからない)
→→境界のRINNE 31巻

・ランキング500入選(オリコン50は落選)
→なのは洋菓子店のいい仕事5巻、ふれるときこえる2巻。

・オリコン50 & ランキング500落選(圏外、約2,400部未満)
→キャラクタイム ゴールデン3巻(完結)。

となりました。

2016年7月13日 (水)

少年サンデー2016.33号 感想

電波教師 213限目:大したモチベーター』
18ページ掲載。
前号でのアーニャの不穏な動きはどこ吹く風。
それより1ヶ月分の食料倉庫ブロックが水没!
それでも、暦型AIに「満点をもらおうと頑張る6-Sメンバー達。
しかし、暦型AIのいい加減さが炸裂!採点に飽きてしまった。
どうなる人工島脱出計画。次号(34号)につづく。
次号が楽しみ。
あと5話で24巻突入です!

『魔王城でお休み』
姫の作りすぎた枕のおかげで、とらえられた勇者が無能だとわかり、勇者釈放される!
おいっ!って感じ。次号も楽しみ。

『古見さんはコミュ症です。』
古見さんちにいきなり遊びにいくことにする長名。巻き添え(?)になる只野。
古見さんは自宅でも「プルプル」。
古見さんのお母さんはブッ飛んでるし~~。
古見さんの「お父さんも出てくるけど、性格は解らなかった。
古見さんには、兄か弟もいるようだ。
次号も楽しみ。

『漫画道』
今回から椎名高志先生のインタビュー記事が連載開始!!

というわけで、詳しくは「少年サンデー33号」やコミックスで確認してください。

2016年7月 6日 (水)

少年サンデー2016.32号、感想

少年サンデー2016.32号、感想

『電波教師 212限目:専用リゾート』
18ページ掲載。
孤島(?)に取り残され、夏合宿が始まった6-S。
ミーシカによると、孤島から日本mでは、12,150m、、12.15kmあるらしい。
右往左往していた者達は楽しむことに気持ちを切り替えた。
不穏な動きをするアーニャだった。次号(33号)につづく。
実に残念だが、今号の連載で一番面白かったとはいえない。

『魔王城でお休み』
前回、第112話で今回が第11話。どういうこと?

『絶対可憐チルドレン』
まだ、真木の過去編。話を戻さず進めてほしい。
果たして今後はコミックスを買う必要があるのか疑問に思い始めている。
次々号に続く。

2016年7月 1日 (金)

ロクハン「115系」にパーツを取り付けてみた

この間購入した、ロクハン「115系1000番代 湘南色 3両セット」(T011-7)の取説にある、信号炎管、列車無線アンテナ、列車種別シール、幌をつけてみました。

信号炎管の取り付け↓
ピンセットではさみむと、どこかに飛んで行きそうで、治具があってよかったです。
Z160628a

無線アンテナの取り付け↓
部品を外し、ピンバイスや接着剤(クリアG)を使うので、「上級者向け」ってなっていますが、パーツの大きさからいうと、「信号炎管」はパーツの中で一番小さく、「信号炎管」の取り付けの方が「上級者向け」だと思いました。
Z160628b

※列車種別シールの切り出しと貼り付け
シールは切り出すので、台紙まで切れる場合があるので、切れた台紙あたりにテープをはって、シールをはがしやすくしました。
シールを貼るとき、綿棒で押さえつけて貼りました。堅いものだとシールの印刷がはがれるおそれがあったので。

※幌の取り付け
ローカル線を意識して、「」をつけました。
画像ではずれているように見えるので、後で調整します。

※列車種別シールや幌の取り付けてして、3両連結してみた↓
昭和にっぽん鉄道ジオラマのローカル線で115系を走らせる予定ですが、キハ系(ロクハン キハ52/プラッツ キハ40)を「普通」に設定したので、「115系」は急行設定にしました。
Z160628c

昭和にっぽん鉄道ジオラマ製作記(悪戦苦闘?)はこちらでやってます↓
http://kinuta73.a.la9.jp/sntd/index.htm

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »