« Vol.38(1/3) -都会ディスプレイ台組立-「週刊 昭和にっぽん鉄道ジオラマ」 | トップページ | キハ52を里山エリアで走らせる »

2016年6月21日 (火)

Vol.38(2/3) -里山パウダーまき(1) 土 -「週刊 昭和にっぽん鉄道ジオラマ」

「週刊 昭和にっぽん鉄道ジオラマ」Vol.38、2016/06/7で発売です。

マガジン
P1~昭和の風景 - 古都の鉄道交通拠点、京都駅 ~プラットホームの日本記録~
P5~豆知識 - 3両だけ製造された個性派 流線型の電気機関車EF55
※EF55
→E=電気機関車、F=動輪6、55=直流系。
P6~今号のジオラマパーツ
→ディスプレイ台(都会エリア)、乗用車/バス/トラック、レール(ローカル線用・L25)
※Vol.38(1/3) -都会ディスプレイ台組立- を参照。
P7~ディスプレイ台(都会エリアの組み立て)
P8~里山エリアベースのパウダーまき
※パーツとして付属のパウダーは、粒子が粗いので、自分は、
津川洋行のシーナリーパウダーを使いました。
ノリの作り方は、Vol.35に順次した。
→里山エリアベースのパウダーまき(1)~土の部分(肌色)
津川洋行シーナリパウダーCP-7(黄土色)使用。
※パウダーまき前後↓
Vol38ba_3

Vol38bb
↑電化部分を明示するため、架線柱を立ててみました。
※黒色のところは『トンネル内』になります。

→里山エリア里山エリアベースのパウダーまき(2)~緑の部分
=Vol.38(3/3) -里山パウダーまき(2) 草 - につづく。

P9~ジオラマを楽しむ - キハ52を走らせてみよう(1) ―コントローラーの準備

昭和にっぽん鉄道ジオラマVol.1からまとめや「続き」の表示

« Vol.38(1/3) -都会ディスプレイ台組立-「週刊 昭和にっぽん鉄道ジオラマ」 | トップページ | キハ52を里山エリアで走らせる »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194269/63805810

この記事へのトラックバック一覧です: Vol.38(2/3) -里山パウダーまき(1) 土 -「週刊 昭和にっぽん鉄道ジオラマ」:

« Vol.38(1/3) -都会ディスプレイ台組立-「週刊 昭和にっぽん鉄道ジオラマ」 | トップページ | キハ52を里山エリアで走らせる »