« 少年サンデー2016.28号、感想 | トップページ | KinutaHandicarft月1定期(?)更新しました »

2016年6月15日 (水)

少年サンデー2016.29号、感想

電波教師 209限目:アーニャの目的』
20ページ掲載。
ミーシカ強奪で、完全武装集団が鑑宅に侵入。鑑宅は電源を切られ、妨害電波で孤立無援。
そこで、アーニャが武装集団と戦う。
電源喪失で苦労して集めたデータを消された純一郎jは怒り狂って、武装種集団に目つぶしを食らわせる。
予定時間を過ぎた武装集団は撤退する。
純一郎にアーニャは武装集団がどこの組織かわからと説明するが、アーニャの「本国ラシア連邦への報告では武装集団はCIAのようだ。
さらに、アーニャは、ミーシカが略奪されれば、ミーシカを殺害するっていってた・・・怖い。
で次号(30号)につづく。
あと8話で単行本24巻目に突入です。

で、6/17発売の22巻、カバーはアーニャとミーシカ。
アニメイト/とらのあな/ゲーマーズ/Comic ZINで購入特典が付き、それぞれイラストカード、絵柄はアーニャ中心!

『鬼ヲ巡リテ幾星霜』『魔王城でおやすみ』
コミックスになったら買いたい。

古見さんは、コミュ症です。』
古見さんの「ぷるぷる」がいい!

わからない人は、、サンデー29号などを参照ください。

« 少年サンデー2016.28号、感想 | トップページ | KinutaHandicarft月1定期(?)更新しました »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194269/63780733

この記事へのトラックバック一覧です: 少年サンデー2016.29号、感想:

« 少年サンデー2016.28号、感想 | トップページ | KinutaHandicarft月1定期(?)更新しました »