« 少年サンデー2016.22/23合併号 感想 | トップページ | 秋葉から四谷を歩く-その1 »

2016年5月11日 (水)

少年サンデー2016.24号 感想

コラボ企画らしくて、妖怪ウォッチ × 名探偵コナン で
「コニャン」参上だって。

電波教師 204時限目:超指示待ち人間』
18ページ掲載。
理科実験の片付けを指示する純一郎。
非常識さを発揮して、片付ける=爆破すると理解しミーシカ、理科室を爆破する。
皆無事で警察とかの事件にならなかったのが、実に不思議だ。

で、色々あって、ミーシカの監視役アンニャ・ヤーコヴ・ラヴナ・ブルシェンコlことアーニャ登場。
アーニャ、お色気振りまき過ぎ!マキナは嫉妬して怒り狂ってる!!

結局、アーニャ、保健の先生として居座ることに・・・前途多難て感じ。
詳しくは、サンデー本誌やコミックスで確認。

「電波教師」雑誌の最後の方の掲載が続いたのと、コミックスが2ヶ月連続発売だったので、不安感1000%とでしたが、雑誌の真ん中あたりの掲載になって一安心しました。
次号(25号)につづく。

単行本21巻は5/18頃発売、購入特典はいつも通りの各店舗イラストカード。
21巻の表紙が忍者姿で、九御路が猿飛肉丸そっくりなので、単行本表紙や各イラストカードが「さすがの猿飛」になってしまった!!!!

単行本22巻は、教団乗っ取り編完結(?)、新章突入で6/17頃(192ページ)発売。

だがしかし ニッキ水」
面白さがわからなかった。

「あおざくら~」
まじめな男ばかりで、面白いとはいえない。

「絶チル 443rd sense」
面白さがわからなくなった今日この頃。雑誌掲載もほぼ一番後ろだし。
次々号(26号)につづく。

魔王城でおやすみ
新連載。つかみはOK。次号に期待します。

「サンデー非科学研究所」
今後、また「食べ物」中心?
だと、あきた、「最近つまらなくなってきた」に選択させないでほしい。

« 少年サンデー2016.22/23合併号 感想 | トップページ | 秋葉から四谷を歩く-その1 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194269/63613893

この記事へのトラックバック一覧です: 少年サンデー2016.24号 感想:

« 少年サンデー2016.22/23合併号 感想 | トップページ | 秋葉から四谷を歩く-その1 »