« 少年サンデー2016.14号 感想 | トップページ | 少年サンデー2016.16号 感想 »

2016年3月 9日 (水)

少年サンデー2016.15号 感想

『電波教師 196限目 心眼の儀』
18ページ掲載。
鍋墨瓜実が目が見えないはずだか、目が見えないのは嘘で実は目が見えるんだと、チェックメイトした鑑純一郎だったが、
瓜実が目隠しを取ると、本当に目が見えないことが誰にでもわかる状態で、
純一郎の方がチェックメイトで大ピンチ!

次号(16号)につづく。はらはらドキドキがつつきます。綾子は盲目にならなくて済むのか?

『だがしかし』
風邪で寝込むココノツがうわごとをいうと、すかさず、うわごとの内容を差し替える”ほたるさん”だった。ほたるさん暇すぎ!

『絶対可憐チルドレン 437th sense.バトル・オブ・人事(4)』
蕾見不二子に宇宙ステーション勤務を命じられた皆本光一。
来週には宇宙ステーションに行くらしい。期間は最低1年。
話を聞いて、大騒ぎするチルドレン達。
薫は真意を確かめるべく、蕾見不二子を探ることに。

次々号(17号)つづく。
先生は、鉄道模型にはまり、最近は「撮り鉄」にはまっているそうです。

柊様、面白と思うが、内容はよく解らない。

聖船のラー、コミックス買ってみたくなった。

最後の妖怪、思う少し明るいストーリー展開の方が良かったかも。

« 少年サンデー2016.14号 感想 | トップページ | 少年サンデー2016.16号 感想 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194269/63320243

この記事へのトラックバック一覧です: 少年サンデー2016.15号 感想:

« 少年サンデー2016.14号 感想 | トップページ | 少年サンデー2016.16号 感想 »