« 少年サンデー2016.13号 感想 | トップページ | 少年サンデー2016.15号 感想 »

2016年3月 2日 (水)

少年サンデー2016.14号 感想

電波教師 195限目 綾子救出作戦』
センタカラー21ページ掲載。
綾子を救出しようとする、朧九御路と桃園マキナ。
綾子を目の前にして、救出出来ない二人。
そこには、鑑純一郎の「綾子の心を解放する」という目的があった。
ちなみに朧九御路の父親は忍者好きで父(名前は16巻参照)のコレクションの忍者衣装で九御路とマキナは侵入。マキナの装束はお色気くノ一。マキナだとおしいになっちゃう。
で、ちまたでは、朧九御路は最近の某アニメキャラそっくりってなってるけど、猿飛肉丸の親戚だと思う。
次号15号)につづく。
20巻、週間オリコンランキング30(無料公開)でも27位。

売上げのいい「AREA D」とか「今際の国のアリス」でも打ち切りになるんだから、電波教師でも「NE乗っ取り編」で打ち切りになっても不思議じゃない。
さらには、「電波教師」が打ち切りになったら、毎週サンデー各必要もなくなるかも。

『だがしかし』
昨年末のコミケなどで「だがしかし」のグッズが各社から販売開始になって、ついに「情スタ」で紹介されました。
グッドスマイルカンパニーの「ねんどろいど 枝垂ほたる」入手したいです。

絶対可憐チルドレン 436th バトル・オブ・人事!(3)』
蕾見不二子が目覚めて空腹を満たすと、黒い幽霊の影響か、皆本と賢木を左遷する。
驚く、絶チルなどのバベルメンバーだった。
次号?、えーと、次号(15号)につづく。

で、「絶チル」のフィギアって自分で立てないのしかなくて「ねんどろいど」になると、「綾崎ハーマイオニー」があるので、「皆本ハーマイオニー」にして遊べるんだけど・・・かなわない夢だ。

« 少年サンデー2016.13号 感想 | トップページ | 少年サンデー2016.15号 感想 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194269/63288883

この記事へのトラックバック一覧です: 少年サンデー2016.14号 感想:

« 少年サンデー2016.13号 感想 | トップページ | 少年サンデー2016.15号 感想 »