« 少年サンデー2016.9号 感想 | トップページ | 少年サンデー2016.11号 感想 »

2016年2月 3日 (水)

少年サンデー2016.10号 感想

電波教師 191限目:九御路の決意』
20ページ掲載。
ネイチャーアースの信者が言いなりになるのは、サボテンなどに含まれる幻覚物質によるものらしい。
だんだん生々しくなってきた。
鍋墨瓜実は、教団を怖そうといている一人、朧九御路の懐柔策として、将来、綾子と結婚させて、教団トップを継がせようとしたが、九御路、結婚を断った。
つづく(11号)で綾子の過去が明らかになるのか?
ところで、瓜実が団員のレベルを決定しているのであれば、鑑純一郎達を洗脳出来るレベルまでの昇格で止めて、それ以上にしなければいいのではないかと思う。

だがしかし 第82かし:シゲキックス』
珍しく、枝垂ほたるさんが欠席でストーリーが展開。
ほぼ、ココノツと豆の二人。ココノツが”ほたる”さん みたくなってました。
11号につづく。

ところで、「公式ファンブック 枝垂ほたるさんと遊ぼう」も順調に売れているようなので、「サヤ師と遊ぼう」の発売も期待”大”です。

『絶対可憐チルドレン 433rd sense.影が行く(4)』
敵は、松風浩一の放尿とともに逃げ去る!

おい!!
超~~~~~~下品!

次号(11号)、逃げた敵の影が蕾見不二子に忍び寄る! って。

『柊様は自分を探している』
新連載。
柊様のお顔が苦手です。物語はつかみ損ねました。

« 少年サンデー2016.9号 感想 | トップページ | 少年サンデー2016.11号 感想 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194269/63159748

この記事へのトラックバック一覧です: 少年サンデー2016.10号 感想:

« 少年サンデー2016.9号 感想 | トップページ | 少年サンデー2016.11号 感想 »