« アニメ電波教師Blu-ray/DVD5巻 の発売です | トップページ | 謹んで新年のご挨拶を申し上げます »

2015年12月23日 (水)

少年サンデー2016.4/5合併号 感想

4/5合併号は12/22に発売されてました。
電波教師 187限目:初めて見る景色』
スキューバ-ダイビング対決をすることになった、泳げない純一郎。
古居保のことが「ダイビングは数学だ」がヒントになってダイビング-泳いだ距離対決に挑む。
先に上がる施設側の海野。純一郎はなかなか海面に上がってこない!
純一郎は溺れ死んだのか???
海野が上がってからだいぶ経ち、純一郎が海面に浮上。
距離は???
純一郎の距離の方が長く、純一郎の勝ち。だめ教師達は施設から解放あれることになった。
で、アニメを作って居た古居のところに行く純一郎。
アニメのことには見境がない純一郎、古居と共同でアニメ制作しよとする。
次号(5/6合併後)につづく。
まじめな展開でしたが、最後に笑いが入りました。
で、古居と純一郎のアニメの内容がどうだったのか、単行本の「おまけマンガ」あたりで紹介して欲しいです。

だがしかし
なんともいえないオモシロさ。
で、コミックマーケット89の小学館、TBSアニメ、ポニーキャニオンの各ブースで、「だがしかし」グッズを販売するそうです。
「だがしかし」はサンデー人気作品トップ5に入りますから(週刊コミックスランキングによる)。

『天野めぐみはスキだらけ!』
今回は、妄想中心だったのでだめです。あくまで、テンネンが中心じゃないとだめです。

『ふるえるときこえる』
「ナゾ × キミ」自体が苦手なので、興味が今ひとつです。

« アニメ電波教師Blu-ray/DVD5巻 の発売です | トップページ | 謹んで新年のご挨拶を申し上げます »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194269/62922923

この記事へのトラックバック一覧です: 少年サンデー2016.4/5合併号 感想:

« アニメ電波教師Blu-ray/DVD5巻 の発売です | トップページ | 謹んで新年のご挨拶を申し上げます »