« 電波教師2nd.ED「MY ONLY ONE」CDの発売です | トップページ | 少年サンデー2015.39号、電波教師 など 感想 »

2015年8月26日 (水)

少年サンデー2015.39号、絶チル 感想

絶対可憐チルドレン 416th sense.ステイ・ウィズ・ミー(2)』
ザ・ハンドの指揮官、小鹿が交通事故で脚骨折で入院。
どうも2人~4人部屋らしい、隔離病室でもないのにドアが閉まってるのはおかしい。
中では犬神初音と小鹿で大騒ぎ。
TV見てるの?作品の原作は楳図かずお先生らしい。

で、小鹿が入院中の間、松風が指揮官になる。
が初音は松坂を指揮官と認めず、いじける。

そこで松風勝負しようと持ちかけ、初音を動かす。実は、松風の仕掛けた勝負は餌付けだった。

で、簡単な任務をこなし、今後本格的な任務へ進む前に、宿木明は松風に釘を刺す。

「任務は過酷かも知れないと・・・」、次号(40号)につづく。

ところで、チルドレンとハウンドの待遇の違いが輸送機で明らかに!
チルドレンは、最新鋭機、オスプレーで
ハンドは、だいぶ前から導入してる、CH-47J系ヘリコプターなので、
どんだけ、チルドレンが特別扱いされているかわかる!

参照画像↓
Ospchi

« 電波教師2nd.ED「MY ONLY ONE」CDの発売です | トップページ | 少年サンデー2015.39号、電波教師 など 感想 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194269/62159114

この記事へのトラックバック一覧です: 少年サンデー2015.39号、絶チル 感想:

« 電波教師2nd.ED「MY ONLY ONE」CDの発売です | トップページ | 少年サンデー2015.39号、電波教師 など 感想 »