« 少年サンデー2014.41号 絶チル 感想 | トップページ | 2014年7月から9月の小学館ビル付近 »

2014年9月10日 (水)

少年サンデー2014.41号 電波教師 他 感想など

電波教師 137限目 「YD(やりたいことしかできない(病))」生徒たち」』

玖遠那由他の思い通りにはさせないと動き出す純一郎クラスの生徒達。

柊暦理事長は、生徒会長のマキナの耳元でささやき、桃園マキナを那由他計画阻止に動かす。

とりあえず、玖遠那由他探しが開始!

東神鳴高校の叶美奈子に連絡を取ると、BOのOBや鬼頭ミホや小宮滝に連絡を取る。

と、鬼頭ミホは東神鳴高校生徒を総動員して捜索を開始し、小宮滝はBONメンバーを総動員して、玖遠那由他の捜索をする。

また、櫛名田萌美は、”ロックレンジャー”オフ会を総動員して捜索をする。

その甲斐あって、那由他の居場所が判明。那由他の姉、重音が入院していた廃病院だった。

鑑純音、那由他に兄・純一郎を助けるように懇願するが、那由他、姉への思いを語り、純音の願いを拒絶する!

そこに、変則ツインテールこと桃園マキナが現れ、「先生を護ります・・・生徒会長として」(脚色あり)

と啖呵を切るのであった。次号(42号)に続く。

13巻、10月17日頃発売決定!!!

勝手に電波教師もよそしく↓
http://homepage3.nifty.com/soshigaya/denpak.htm

ヘブンズランナー アキラ 第17走:大きな怪物』

アキラ、予選でいいタイムが出たのもあって小笠原に乗せられて、有頂天の絶頂。
周りの選手を追いかけ回し、友達になろうと誘うがみんな恐怖で逃げちゃう。

で100m予選、大八木先輩と藤乃が一緒に走ることになる。

走ってみると藤野のタイムは11秒台だったが、大八木先輩、藤乃から例えようもない威圧感を感じた。
ところで、大八木先輩って、やり投げじゃなかったの?陸上知らないからこういうものなのか?と思う。

綿貫部長のバトンリレーメンバー
663二宮一樹(2年、200m)・664来田翔輝(2年、100m)・651井口秀則(3年、100m)・661大八木将司(2年、やり投げ)・666武将髭アキラ(1年・?)
だって。

アキラ、次は宮崎君と同じ5000m予選らしい。次号(42号)に続く。

2巻は11月18日頃発売です。

「ヘブンズランナーアキラ 」を電波教師-発売発表年月日内で軽~くまとめてみました↓
http://homepage3.nifty.com/soshigaya/denpak.htm

『だがしかし 第15かし プチプチうらないチョコ』
遠藤トウとココノツが登場してお題通りのかしでうらないゴッコ。
ココノツのまわりは変人ばっかだ!

だがしかし 第16かし ビンラムネ』
ココノツの父ちゃん、仕入れるたびに「ビンラムネ」を全部食べちゃうので、店頭に並ばないらしい。枝垂ほたるも登場して話の展開が変な方向に突き進み、店番をするハメになったココノツだった。
次号(41号)に2話掲載で続く!!

9月18日頃、1巻発売です!!

Webサンデーで、1巻表紙画像、購入特典が発表されました(アニメイトととらのあなで”ほたる画像の”メッセージカード)↓
http://websunday.net/

「だがしかし」を電波教師-発売発表年月日内で軽~くまとめてみました↓
http://homepage3.nifty.com/soshigaya/denpak.htm

« 少年サンデー2014.41号 絶チル 感想 | トップページ | 2014年7月から9月の小学館ビル付近 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194269/60293129

この記事へのトラックバック一覧です: 少年サンデー2014.41号 電波教師 他 感想など:

« 少年サンデー2014.41号 絶チル 感想 | トップページ | 2014年7月から9月の小学館ビル付近 »