« 少年サンデー2014.31号、電波教師 感想など | トップページ | 物語シリーズ「オーディオコメンタリー」版エンドカード公開される »

2014年7月 9日 (水)

少年サンデー2014.32号、電波教師 感想など

電波教師 129限目 終戦』

時坂朋也 対 鑑純一郎の団長戦、1対2で鑑の勝利。

時坂は鑑と同じステージに立てて大満足。

鑑純一郎、柊学園本校の校長に決定!

柊暦理事長登場。うれしそうに「柊有栖が校長退任をいやがり校長室に立てこもった」と鑑寿に純一郎にいう。

色々あって、純一郎、有栖を校長室から連れ出し、有栖に再戦を申し込む。

有栖、本校生をおもしろくして戦いに望むらしい。

次号(33号)、エピローグに期待。

電波教師色々企画、停滞中!
http://kinutah99.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/21431-ecbb.html

電波教師をいじってるコンテンツのよろしく↓
http://homepage3.nifty.com/soshigaya/denpak.htm

ヘブンズランナー アキラ 第9走:雑誌とアキラ』

宮崎と友達となったと思ったアキラ。宮崎にお友達券をあげるが、宮崎に捨てられる。

クラブ活動、アキラ、アスリートでなくマネージャにさせられる。小笠原の噂を聞きつけ、取材陣が小笠原の写真を取りまくるが、小笠原の写真の端には必ずアキラが写っていて、カメラマン達にもアキラが”心霊”にされる。

アキラ、さすが、地獄に落ちて、帰ってきて、七曲がりの地縛霊になっただけのことはある。

アキラの癖、ありがとうは「ハアアッ」という。本屋で東北短距離の怪物と出会うアキラ達。

なんか身長3mはありそう。次号(33)号につづく。また、アキラ、もっと強烈な心霊現象をやってくれ!今度は天国に行ってみるとか・・・・?

« 少年サンデー2014.31号、電波教師 感想など | トップページ | 物語シリーズ「オーディオコメンタリー」版エンドカード公開される »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194269/59953866

この記事へのトラックバック一覧です: 少年サンデー2014.32号、電波教師 感想など:

« 少年サンデー2014.31号、電波教師 感想など | トップページ | 物語シリーズ「オーディオコメンタリー」版エンドカード公開される »