« The ULTRAMAN mall | トップページ | 物語シリーズ「オーディオコメンタリー」版放送見た(その4) »

2014年6月18日 (水)

少年サンデー2014.29号 電波教師 感想 など

電波教師 126限目 全力勝負』

126限目ということで、単行本13巻最終話です。

黒軍団長、時坂朋也 対 銀軍団長、鑑純一郎、後輩 VS 先輩対決!!

勝負は、ネット最新ゲーム「ゼリウス2100」、通常3D空中戦モードから昔ながらのクラシックモードまで色々を織り交ぜて、3本勝負。

お互いに、ゲームの裏技を繰り出しながら戦ったり、サーバーと端末のデータ処理のタイミングのずれ、一種の残像を利用したりして戦い、時坂朋也が鑑純一郎に斬りかかりチェックメイト!

純一郎切られる直前に、対人地雷の起爆スイッチを起動!地雷が爆発。

両者消滅して、引き分け。

次号(30号)に続く。

勝手に電波教師をまとめたコンテンツも見てね↓
http://homepage3.nifty.com/soshigaya/denpak.htm

「特報」があって、「リアルカッター少女オーディション開催決定!!!!」ってあった。
式島切子のスタイル(巨乳)をとるのか?、踊りのキレキレをとるのか?むずかいしところ。
で、洒落てやった「カッター少女実写版」(【サンデー】「電波教師」PV )の”メイド革命(Heart of Hearts)”の曲で振り付けで踊って審査なんてなったら、
Heart of Heartsで売ってた、CD買わなくちゃならないかも。
で、審査会場が、秋葉ってか末広町から秋葉寄りの日高屋の入っているビルの7階のHeart of Hearts兼運営会社事務所にあんるのか?
系列の原宿の竹下通りのモエカワで行うのか?
男が応募すると、スペシャルメイド「かがみん」になっちゃうゾ。
まさか、アニメ飛ばして実写版の前振り?
などなど、今から妄想が暴走してます。続報に期待!!!!

Heart of HeartsのHP↓
http://heart-of-hearts.jp/
↑知っているメイドさんは、もち、ちゃっぴー(復活)、あいちん(復活)、めめ(復活)、ましろ(卒業)、つきみ(突然消えた)って感じ(家で飲んだくれている方が安いから行かなくなった(一度行った方がいいは思う))。

ヘブンズランナー アキラ、第6走:さよなら、アキラ』
前号まで(のあらすじ)、アキラ、ストライド走法を覚える!
で、小笠原さん達を追いかけて、「七曲の坂」に向かったアキラだった。
本人は、ストライド走法のことを「ストラゴス走法」だとおもいつつ、小笠原さんの走り方を思い出し、同じように走ってみるアキラ。
ちょうどアキラに追いつかれた他校の自主練中の生徒達は白目で腰を軸にして移動する奇妙な動きの怪物を見て、恐怖にとらわれる。
アキラは方向転換ができずカーブで崖から落ちて行く!!
自主練中の生徒達は”地縛霊”だと騒ぎ去って行く。
アキラ「七曲の地縛霊」になる
地獄に落ちたり、地縛霊になったりで、武将髭アキラ(見た目不気味)も大変だ。
まぁ、サブタイトル通り、さよならアキラになったけど。
PS.大爆笑のストーリー展開でした。

『WHF'14 Summer』
速報では、絶チルや電波教師のキャラクターが描かれておらす、”競女”のキャラクターが入っていた。
詳細は来週の30号やWebサンデーで公開予定。

PS.webサンデーのトップページデザインが変わっていた。

« The ULTRAMAN mall | トップページ | 物語シリーズ「オーディオコメンタリー」版放送見た(その4) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194269/59836187

この記事へのトラックバック一覧です: 少年サンデー2014.29号 電波教師 感想 など:

« The ULTRAMAN mall | トップページ | 物語シリーズ「オーディオコメンタリー」版放送見た(その4) »