« 花子2014を含む、一太郎2014徹、発売おめでとう | トップページ | 少年サンデー2014.11号、電波教師感想 »

2014年2月12日 (水)

少年サンデー2014.11号、絶チル感想

絶対可憐チルドレン 375th sense. セブンス・ヘブン(2)』

ってことで、フェザーに皆本が襲われることを心配したチルドレン達は、学校を早退して、皆本をところに急行。

で、フェザーの帰るべき世界がないので、薫達と一緒に未来を目指すことに。

って感じました。

で、次号(12号)に続く。

次号から2回で39巻10話目になって切りがよく、3回以上になると40巻目に突入です。

中学生編の後が気になってしょうがないです。作・椎名高志、画・××××になったりして。

で、去年の実績から、4月に38巻が発売されると思われます。

« 花子2014を含む、一太郎2014徹、発売おめでとう | トップページ | 少年サンデー2014.11号、電波教師感想 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194269/59119232

この記事へのトラックバック一覧です: 少年サンデー2014.11号、絶チル感想:

« 花子2014を含む、一太郎2014徹、発売おめでとう | トップページ | 少年サンデー2014.11号、電波教師感想 »