« 少年サンデー2014.09号、電波教師 感想 | トップページ | 少年サンデー2014.10号、電波教師感想 »

2014年2月 5日 (水)

少年サンデー2014.10号、絶チル感想

絶対可憐チルドレン 374th sense. セブンス・ヘブン(1)』

完結編間近の巻中カラーってあったからびっくりしたけど、中学生編クライマックスセンターカラーってなってて、やはり、中学生編が完結で、高校生編になるのかとか考えちゃいますが、

今までの2巻~3巻分のシリアス編が完結ってしてくれればいいのにとか思ってます。

で、サブタイトル通る、”大変めでたい(1)”ってことで、フェザーがなくなった未来へ帰る前に、皆本とじっくり話そうってことで、前回続くになってて、

今回は、チルドレンがバベルに手を手を回したらしく、皆本は、バベルAチームに拉致監禁されて、フェザーもエスパー刑務所の兵部が入っていた独房にECMをマックスで利かせて入れられていた。

見かねた、兵部がフェザーを脱獄させ、皆本を連れ去り、フェザーと皆本を合わせる。

皆本が逃走したことで、チルドレンの逆鱗に触れ、授業中のチルドレンは”元気いっぱい”「気分が悪いので早退します」って。

次号(11号)につづく。で次号から3話分で39巻完成。

今までのシリアスと今回のお笑いが適度な割合で混ざってストーリー展開するとおもしろいと思う。

« 少年サンデー2014.09号、電波教師 感想 | トップページ | 少年サンデー2014.10号、電波教師感想 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194269/59076076

この記事へのトラックバック一覧です: 少年サンデー2014.10号、絶チル感想:

« 少年サンデー2014.09号、電波教師 感想 | トップページ | 少年サンデー2014.10号、電波教師感想 »