« 初詣行ってきた | トップページ | 少年サンデー2014.07号、絶チル感想など »

2014年1月 8日 (水)

少年サンデー2014.6号、電波教師 感想

『電波教師 104限目 引き分け』

で、赤嶺兄妹の赤軍に勝利した、鑑兄妹の銀軍。

赤嶺兄妹は、何が大事か分かったので、純一郎に赤軍メンバーを預け退学することに決める。

と柊有栖が邪魔しに割り込む。

純一郎、3ヶ月ではなく3週間で班戦争に決着をつけて、柊有栖を校長の座から引きずり下ろすと宣言する、純一郎だった。

って、以後、団長戦でかたをつけると、純一郎が言っているが、班戦争でこれ以上、キャラクターを出したくないと作者が思っていると感じた。

本当に柊有栖を校長の座から引きずり下ろせるのか?

次号(7号)に続く。

電波教師10巻は2/18頃発売予定

10巻も通常版とスクールカレンダー付き限定版があります。
本編内容は、たぶん87限目~96限目の10編が収録されると思われます。
・タイタンズとの班戦争に決着が付く。
・ノーブルガーデンメンバーの退学をかけた「水球対決」。
・レジェンズとの「ナンパ対決」が始まる。

で、限定版はスクールカレンダー付で、仕様が
・2014年度版。
・カレンダーのカラ―イラスト13点は、全て描き下ろし。
・純一郎や純音はもちろん主要キャラクターの誕生日など未公開プロフィールをなんとカレンダー上で特別公開(?)
・本編とリンクするオモシロ銀杏学園学校行事も掲載!
・毎月ごとに、鑑のタメになる?名(迷)言付き!
となってます。
通常版=税込価格 450円(税込)、新書判/192頁、ISBN9784091245649。
特製スクールカレンダー付き限定版=税込価格 730円、新書判/206頁、ISBN9784091591838。

詳しくは、小学館サイトで検索してください↓
http://www.shogakukan.co.jp/

勝手に電波教師のいろんなことをまてめた(なのか?)サイトも見てね↓
http://homepage3.nifty.com/soshigaya/denpak.htm

« 初詣行ってきた | トップページ | 少年サンデー2014.07号、絶チル感想など »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194269/58908944

この記事へのトラックバック一覧です: 少年サンデー2014.6号、電波教師 感想:

« 初詣行ってきた | トップページ | 少年サンデー2014.07号、絶チル感想など »