« 電波教師や絶チル他でKinutaHandicraft更新しました! | トップページ | サンデーS、2014.1月号、アンリミ見た。 »

2013年11月24日 (日)

恋物語『第恋話「ひたぎエンド 其ノ壹」』見た。

恋物語『第恋話「ひたぎエンド 其ノ壹」』見た。

001、貝木泥舟のナレーション。
右下に「恋物語(コイモノガタリ)」と表示。
「人は真実を知りたがる・・・」、オープニングロール表示。
「・・・、戦場ヶ原ひたぎと阿々木暦の恋物語を語らせていただこう」
「・・・、最後の物語を始めよう」

CM
「第恋話 ひたぎエンド 其ノ壹」と表示。
002、1月1日、初詣で賑わう京都の某神社。
神社に来たことに理由付けを考える貝木。
そんなとき、非通知で貝木の携帯に電話がかかってくる。
電話の相手は戦場ヶ原ひたぎさん。
「あなたに騙してほしい人間がいる」というひたぎさん。
003、貝木の居場所を知りたがる、ひたぎさん。
貝木「沖縄にいる」と嘘をいう。
が戦場ヶ原ひたぎさん本気にして、沖縄で貝木と会うことになる。
貝木、仕方なく旅客機で沖縄に向かう。

004、騙された人間が騙した人間に頼み事をすることに興味津々な貝木泥舟。
005、沖縄に旅客機が着く。すぐに貝木の携帯に連絡をする戦場ヶ原ひたぎさん。
空港内の喫茶店で会うことにする。
006、空港内の喫茶店。
席に座りジュースを飲んでいるひたぎさん。短髪で、直江津高校の制服を着て、鼻ひげ付きめがねをかける戦場ヶ原ひたぎさん。
そこにアロハにサングラスのちゃらいおっさんが現れた。貝木泥舟だった。
貝木、ひたぎさんを見て、「勝った」と思った。変装大会じゃないぞ!

007、騙してほしい人間の会話になる。
騙してほしい人間は、蛇神になった千石撫子。
「阿々木君と私を助けてほしい」というひたぎさん。
自分に助けてほしいという人間がいることがうれしくなる貝木。
助けるための報酬になり、ひたぎはとりあえず10万円を提示する。
貝木は。そのくらいなら、忍野メメに頼めという。
「羽川さんに海外まで(忍野メメ)を探しにいってもらった」が見つからなかったことを話すひたぎさん。
渋る貝木。
ひたぎさん「阿々木君が助かるなら・・・体を売ってもういい」と切り出す。
が、貝木のプライドを傷つけたらしく、貝木飲み物を戦場ヶ原さんにかけて、トイレに行く。

トイレで考える貝木。
戦場ヶ原の頼みを聞けるか?NO!、阿々木暦のために?NO!と
自問自答を繰り返すが、答えはNOばかり。
先輩の臥煙伊豆湖の姉の娘、臥煙駿河。今は神原駿河。
阿々木暦や戦場ヶ原ひたぎさんと神原駿河がつながっているなら、

神原駿河のために千石撫子を騙す仕事ができる!

と結論づける貝木泥舟だった。

エンディング、恋物語バージョンアニメ、曲「snow drop」春奈るな&河野マリア。

CM
提供&エンドカード(戦場ヶ原ひたぎさん)

次回予告やエンドカードは公式サイトで公開です↓
http://www.monogatari-series.com/2ndseason/

エンディング曲「snow drop」のCDが12月11に発売です。
春奈るな「snowdrop」(春奈るな単独バージョン、春奈るな&河野マリア混声バージョン収録)

河野マリア「First Touch」(河野マリア単独バージョン収録)
が発売予定です。

恋物語のBlu-rayなどは、
恋物語」第一巻/ひたぎエンド(上)2014年6月25日(水)発売予定
→「ひたぎエンド 其ノ壹」、「ひたぎエンド 其ノ貳」、「ひたぎエンド 其ノ參」収録。
恋物語」第二巻/ひたぎエンド(下)2014年7月23日(水)
→「ひたぎエンド 其ノ肆」、「ひたぎエンド 其ノ伍」、「ひたぎエンド 其ノ陸」収録。
となっています。

ってことは、「花物語」が放送されないまま2クールが終了することになります。
「花物語」が「傷物語」の経過みたくなりませんように!

物語シリーズをいじくったコンテンツもよろしく↓
http://homepage3.nifty.com/soshigaya/nisi_xst.htm

« 電波教師や絶チル他でKinutaHandicraft更新しました! | トップページ | サンデーS、2014.1月号、アンリミ見た。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194269/58635523

この記事へのトラックバック一覧です: 恋物語『第恋話「ひたぎエンド 其ノ壹」』見た。:

« 電波教師や絶チル他でKinutaHandicraft更新しました! | トップページ | サンデーS、2014.1月号、アンリミ見た。 »