« 少年サンデー2013.41号、絶チル=感想・他 | トップページ | <物語シリーズ>2ndシーズン、総集編II、見た »

2013年9月11日 (水)

少年サンデー、電波教師、感想、他

電波教師 90限目 頭の悪いやつ』

巻頭カラー!24ページ掲載!!、本校「班戦争」大反響・・・御礼なのか?

コミックスの累計売上部数とかわからなので、週刊ランキング30で判断しているので、人気があるのか、ないのかよく分かりません。

さて、退学処分になった、の「ノーブルガーデン」を救うために、空条大貴に班戦争をふっかける純一郎。

断る大貴。

Sランクの複数の班をまとめた軍団(コア)、青軍(ブルーコア)の団長、藍沢海と人が、”純一郎達Eランク”の申しコミを”Cランク”が断るのは恥ずかしいと言いだし、

空条大貴率いる「フォーチュンクエスト」と純一郎の率いる「銀杏組」だ戦うことに。

対決は水球。空条大貴の得意な種目らしい。

銀杏組、銀杏組R、ホワイトプリンセス、ノーブルガーデンのメンバー全員水着でプールに集合。女子が多いからさながら、芸能人水泳大会みたくなってる。

班戦争なので、5対5かと思ったら、純一郎 対 大貴の一騎打ち。

純一郎、泳げないので浮き輪使用を認めさせる。

試合開始、水球が得意な大貴、すぐにボールをゲットし、ゴールへ投げこもうとする。

が純一郎何をおもったか、大貴と二人で同じ浮き輪の中に入る!

なんとか、浮き輪を抜けてゴールを決めようとする大貴。

そのとき、大貴に声をかける純一郎。

純一郎を見る大貴!

純一郎の手には大貴の海パンが握られている!!!!

大貴、海パンを取り戻そうとして、試合そっちのけ。

で純一郎に追いつくと、大貴のオンゴールの判定!!

どうなる、変な水球の戦い?

で、植草さんのニックネームが”コマツナ娘”になりました。

結構、ストーリー展開で”ニックネーム”での呼び合いがあるので、”あだ名”が誰かは覚えていた方がいいです。

今回はほぼギャグマンガになってて、次号(42号)につづく。

10月発売のコミックスに”電波教師”はなかったので、年内にもう1巻発売になれば、うれしいです。

まんがカレッジ
鑑純一郎だけでなく、七海征十郎まで応募してましたが、今回、鑑純一郎が応募の宣伝をしてました。
41maqgk

※↑あくまでジョークですから、本気にしないで下さい。

勝手に解説 電波教師 もよろしく↓
http://homepage3.nifty.com/soshigaya/denpak.htm

« 少年サンデー2013.41号、絶チル=感想・他 | トップページ | <物語シリーズ>2ndシーズン、総集編II、見た »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194269/58172870

この記事へのトラックバック一覧です: 少年サンデー、電波教師、感想、他:

« 少年サンデー2013.41号、絶チル=感想・他 | トップページ | <物語シリーズ>2ndシーズン、総集編II、見た »