« 傾物語第閑話『まよいキョンシー其ノ貳』、見た。 | トップページ | 少年サンデー2013.40号、絶チル、感想・他 »

2013年9月 3日 (火)

傾物語第閑話『まよいキョンシー其ノ參』、見た。

傾物語第閑話『まよいキョンシー其ノ參』、見た。

019、廃墟とした街。街を歩く暦と忍。

オープニング、八九寺真宵アニメ、曲「happy bite」、
タイトル「傾物語(カブキモノガタリ) まよいキョンシー」と表示。

CM
サブタイトル
「第閑話 まよいキョンシー其ノ參」と表示。
019、阿良々木宅。
誰もいなくなって、びびっている忍。暦も動揺している。
「八九寺真宵を助けたために、歴史が変わってしまった」
020、6月14日の夕刊が配られたあと、世界が滅亡する、何かが起きたと推測する暦。
忍は世界を滅ぼした原因に心当たりがあるらしい。
とりあえず原因を探しに、6月14日にタイムワープするため、神社に出かける二人。
021、神社にはタイムワープするエネルギーがない。
忍野メメが神社に貼ったお札の種類が違うためらしい。
お札を剥がそうとする暦。暦の全身に衝撃が走り、お札に触らない。
忍は、”怪異系の者には触れないお札”だという。

022、ゾンビに囲まれる、暦と。
お札のおかげで、一定距離以上ゾンビが近寄って来ないらしい。
忍は暦に抱きつくとロケットのように空に飛び上がる。

夜の街、ゾンビがあるれかえっている。
「ゾンビは、忍が吸血鬼にした人間達のなれの果て」だと忍がいう。

CM
023
、高度300mで二人は跳びながら、夜明けを待った。
日が昇るとゾンビは街から姿を消した。

8月22日、着地する、暦と忍。
阿良々木宅。世界が滅んだいきさつを話し出す忍。
「2ヶ月前、全人類が吸血鬼化した。6月14日は印象深い日」。
暦には”6月14日”に思い当たる節がない。
忍、「6月15日は、文化祭」だとヒントを出す。
暦、6月14日までがよみがえる。
つまり、「6月14日。忍は家出した。忍は暦に見つけてもらえない場合、全世界を滅ぼすと決めていた」
「忍を最初に見つけたのは?・・・八九寺真宵だ!」
歴史が変わっているので、結局、忍は見つからず、暦はブラック羽川に殺され、解放された忍は、吸血鬼のフルパワーで人々を吸血鬼化した。

全世界の人間が吸血鬼化したことを見届けて、忍は自殺した!!!
人々はゾンビになった。

後悔する忍。謝る忍。

二人で生きていく事にする暦。
024、食料確保で街に出る、暦と忍。
暦あることを思いつく。
まだ隠れている人間がいるかも知れないと思い、花火大会を開く事にする。
出来るだけ雲のない夜をねらって。

025、8月26日、花火大会開催。暦の忍も浴衣姿になってる。
花火大会にふさわしい光景だ。
花火大会終了。

026、水をはったバケツがひっくり返る音を聞いて振り返る、暦と忍。
そこには、多くのゾンビがいた!!!

エンデイング、アニメ傾物語バージョン、曲「アイヲウタエ TV edit

CM
提供&エンドカード(チアリーダー風八九寺真宵)

次回予告やエンドカードは、公式HPで公開されます
http://www.monogatari-series.com/2ndseason/index.html

« 傾物語第閑話『まよいキョンシー其ノ貳』、見た。 | トップページ | 少年サンデー2013.40号、絶チル、感想・他 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194269/58121384

この記事へのトラックバック一覧です: 傾物語第閑話『まよいキョンシー其ノ參』、見た。:

« 傾物語第閑話『まよいキョンシー其ノ貳』、見た。 | トップページ | 少年サンデー2013.40号、絶チル、感想・他 »