« Windows8への移行を考える | トップページ | 少年サンデー2013.32号、電波教師、感想・CM放送状況・他 »

2013年7月10日 (水)

少年サンデー2013.32号、絶チル、感想・他

『絶対可憐チルドレン 351st sense.リターン・オブ・ファントム(5)』

センターカラー3ページ込みの計19ページ。

インタービュー見開きページ2ページ
「THE UNLIMITED 解き放て!キャストトーク」

ふむふむ、ふむ、ふむふむ。

ユウギリのキャラソン「未来物語」聞いたとき、ユウギリに思いっ切り「死亡フラグ」が立ったが、声優さんも「死亡フラグが立つ」と感じていたのか~。

で、全文は、7/18発売「兵部京介 ARCHIVE」(限定生産)に収録

だって。

「さぷりめんと」なしで本編

パンドラメンバーやチルドレン、皆本、賢木はパンドラの原潜「Untouchable」でヨーロッパに移動中。

ヨーロッパの某所では、ユーリ VS. ギリアム。

ギリアムの催眠超能力が、ユーリにダメージを与え続ける。

そこに、ギリアムのクーロンらしいユーリより幼いユーリ部隊が出現。

て、ユーリが拿捕してユーリの配下に入った連中がギリアムに襲いかかろうとするが、

ギリアムすかさず、自分の配下のユーリ部隊で防御する。

ユーリの配下のユーリ部隊にユーリは助けを呼んで来るように命令する。

ユーリ部隊が出てきてややこしいゾ。

護衛のいなくなたユーリは、ギリアムの催眠超能力で幻覚の深淵に沈んでいく。

幼女に戻ったユーリ

の前に、父、兄、そして母が現れる!

次号(33号)に続く。

ユーリはファントム・ドーターだの色んな名前があので、未だに混乱しています。

« Windows8への移行を考える | トップページ | 少年サンデー2013.32号、電波教師、感想・CM放送状況・他 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194269/57762193

この記事へのトラックバック一覧です: 少年サンデー2013.32号、絶チル、感想・他:

« Windows8への移行を考える | トップページ | 少年サンデー2013.32号、電波教師、感想・CM放送状況・他 »