« ワールドホビーフェアー2013夏行ってみた | トップページ | 絶チル・カラフルストラップ用のディスプレイケースが発表されました! »

2013年6月30日 (日)

アニメ「とある科学の超電磁砲S」の感想

アニメ「とある科学の超電磁砲S」ですが、

Sは第2の意味のSecondかと思ってましたが、TV放送では、Sistersだっとようです。

ところで、アクセラレータの超能力レベルアップのための妹達の話は、

とある魔術の禁書目録、ノベル でやって、

とある魔術の禁書目録、アニメ でやって、

とある魔術の禁書目録、マンガ でやって、

とある科学の超電磁砲、マンガ でやって、

今回のアニメ化なので、あきあきしてしまいました。

後半のどこかで、オリジナルストーリーの放送を希望します。

なんか、「とある」系も末期症状に陥っていると再認識してしまった!

※新約とある魔術は、文庫本が分厚いだけで内容がなくて、作者と編集者のオナニーになっているし、
※アニメ「とある科学の超電磁法S」では、”とある系のポイント”である時系列をねじ曲げたりで、

ハルヒと同じく、角川が絡む作品は読者・視聴者を馬鹿にした作品に移行していくことがわかります。

以後、とある系のブログはよほど気が向いたときだけに書き込みます。

« ワールドホビーフェアー2013夏行ってみた | トップページ | 絶チル・カラフルストラップ用のディスプレイケースが発表されました! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ワールドホビーフェアー2013夏行ってみた | トップページ | 絶チル・カラフルストラップ用のディスプレイケースが発表されました! »