« 少年サンデー2013.23号、電波教師=感想、CM放送状況 | トップページ | 少年サンデー2013.24号、電波教師、感想他。 »

2013年5月11日 (土)

『とある科学の超電磁砲S』#5、見た

『とある科学の超電磁砲S
#5 絶対能力進化計画(レベル6 シフトけいかく)』
、見た。

流れ、アーバン・Aパート・Bパート+ED・次回予告。

コミックスでは、初春だけの登場だが、アニメでは、初春・春上の2人で出ていた。

コミックス4巻、第22話8月15日2~第23話8月15日3の内容をアニメ化していた。

で、終わり頃、話が超重くなるので、前半から、美琴&御坂妹でギャグを連発していた。

で、御坂美琴は御坂妹(9982)と出会い、妹達2万体を使った、超能力レベルアップ実験が行われていることを知る。

御坂妹は、美琴と関わることで、人間としての喜怒哀楽が生まれつつあった。

そして、一方通行(アクセラレーター)と対決した御坂9982は、勝負に負けて死んでいく。

御坂妹が死に間際、死にたくないなどの感情がわき出てきて、今まで自我のない機械人形だったのが喜怒哀楽を持つ人間に変化した瞬間だった。

実に皮肉な結末だ。

御坂妹の記憶は、残った他の御坂妹に引き継がれる特性がある。

次回、#6、あたし・・・みんなのことみているから に続く。

アニメは、コミックス第5巻に突入。

このペースで進めば、アニメの最後のほうで、オリジナルストーリーが入ることを期待します。

メディアは、8巻(1巻3話収録)の発売予定で購入予約開始です!

« 少年サンデー2013.23号、電波教師=感想、CM放送状況 | トップページ | 少年サンデー2013.24号、電波教師、感想他。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 少年サンデー2013.23号、電波教師=感想、CM放送状況 | トップページ | 少年サンデー2013.24号、電波教師、感想他。 »