« 少年サンデー 2012.30号 電波教師 | トップページ | WHF'12Summer行ってみたお! & 電波教師のHeart of Hearts »

2012年6月27日 (水)

少年サンデー 2012.30号 ひめはじけ

『ひめはじけ 第19話 ひめと愛国』

ひめ様は”国民の前でのスピーチ”のお話をお聞きになり、”戴冠式のときの失敗”がトラウマとなっており、大いに怯えられて、お隠れになられました。

まるで、”天の岩戸”状態でございます。

ひめ様のご学友殿の皆さんが”ひめ様”を心配され、扉からお出になれらますことを強くお望みになり、ひめ様に訴えかけます。

なんとか、ひめ様は扉を開けてお出になられますが、お手荒い皆様はひめ様を縛り上げてしまいます。

落ち着かれたひめ様は、ご学友の皆様にリヒテンシュットン観光を提案なさいます。

そこで、ひめ様、うさぎ殿、カンナ殿お三方で観光にお出かけになられます。

ひめ様のご紹介されますところは、大変失礼とは存じますが、”しょぼいところばかり”でございます。

呆れ返るカンナ殿に対して、大はしゃぎのうさき殿でございました。

一方、お城に残った、なでち子殿は、長髪美形男の案内で図書室にまいりました、。

ドイツ語の本ばかりでしたが、なぜか1冊、日本語の本がございまして、なでち子殿はお手にとり、お読み始められます。

なでち子殿は素敵な内容だと思われました。また、”すげーきたねー字”と思われたようでございまして、作者がひめ様とお知り、何かしら、今までのひめ様のイメージが変わっていかれたようでございます。

クビになった、シュトルム殿とノエル殿は、Baekerei Komet(パン屋 彗星)に、ギザギザ、ムチムチという名前で就職しました。

パン屋の店長殿は、まるでメイドカッフェのメイドさんのハートポーズをなされた後にパン生地をこねるようでございます。

ひめのスピーチが気になって仕方がないシュトルム殿とノエル殿は、パンの生地を持ったまま、お城に参上しますが、ルーエ団長に門前払いされます。

ひめ様がたも観光旅行からお帰りになられ、・・・・

大変です、ひめ様は、ひめ様の王冠を真っ二つにされご帰還です。

お城の中は大騒ぎになってございます。

ひめ様の”国民へ向けたスピーチ”、果たして無事執り行うことが出来るのでしょうか?

次号(31号)に続くでございます。

ところで、コミックス第1巻発売で登場いたしましたキャラクター”ミヅキ=クマ”を探せでございますが、

1ページ2ヵ所が1回ございまして、”印刷のかすれ”と見間違うところが1ヵ所ございました。

全部で7ヵ所は確認済みでございます。

分からない方は、2巻発売をお楽しみにお待ち下さい。

なお、勝手にひめはじけ もよろしくお願いいたします↓
http://homepage3.nifty.com/soshigaya/himeha.htm

« 少年サンデー 2012.30号 電波教師 | トップページ | WHF'12Summer行ってみたお! & 電波教師のHeart of Hearts »

コメント

ミヅキ=クマ、ヒント、当然コミックス1巻。
雑誌掲載時には、いない!
3話、7話、7話、10話、10話、12話、13話の7ヵ所にひどいのだと、印刷の擦れだと思っちゃうので、虫眼鏡でみるのがいい!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 少年サンデー 2012.30号 電波教師 | トップページ | WHF'12Summer行ってみたお! & 電波教師のHeart of Hearts »