« 電波教師のコラボが続く「ハートオブハーツ」 | トップページ | 少年サンデー 2012.24号 絶チル »

2012年5月14日 (月)

絶チル・コミックス30巻発売広告で気づいたこと

少年サンデー2012.23号のSSC5月発売広告を見ていたら、

絶チル30巻の小冊子付きの広告に、

『~増補版さぷりめんとが、23~29巻分を一気読みできる小冊子になって登場!!』

とありました。

で、絶チル・コミック22巻の時に『増補版さぷりめんと』の小冊子がついてきて、”12~21巻分収録”と。?????

????22巻分はどこに収録するの?

で”さぷりめんと23~29巻”分だと、63ページになっちゃう。前回と同じ110ページ強にするには、イラスト、相関図、書き下ろしが大変だ!

で、”さぷりめんと22~29巻”分収録でも73ページなので、前回と同じ仕様で同じページになれば、定価据え置きだけど、ページが減ると実質的な値上げだ!

カバーが変わったりしたら、価格の推移が分からなくなっちゃう。

« 電波教師のコラボが続く「ハートオブハーツ」 | トップページ | 少年サンデー 2012.24号 絶チル »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 電波教師のコラボが続く「ハートオブハーツ」 | トップページ | 少年サンデー 2012.24号 絶チル »