« コンテンツ”KinutaHandicraft”更新しました | トップページ | 『偽物語』、毎日新聞で紹介される »

2012年1月25日 (水)

少年サンデー 2012/8号 絶チル・電波教師、他(?)

『絶対可憐チルドレン 289th sense.帰ってきた超能力少年(6)』

広告で、コミックス、限定版28巻、29巻連続発売中! だって。どこの書店でも特典が付くのであれば、追加購入をしたいです。

さぷりめんと、「薫のオヤジ趣味全開!」と「続・賢木修二VSハーマイオニー軍団」。

本編、ギリアム+ユーリみたいなクーロン部隊 と 兵部京介 の超能力戦。

フェザーと思っていたのは、未来からトリプルブーストでやって来た薫達(?)の意識だった。

”ギリアムとの戦い”で兵部が生き残ることが、未来をかえる力になることを”薫達”は伝えにきた。

兵部とギリアムの超能力戦、催眠(ヒュプノ)を中心に、二重三重の幻を作り、敵を引きずり込む方法で行われる。

経験の差が、ギリアムを追い込む。だか、ギリアムは不敵な笑いを浮かべる。

9号に続く。

アニメにすれば、スピード感ある、手に汗握る内容になりそう。

勝手に”絶チル”の解説をしてみました↓
http://homepage3.nifty.com/soshigaya/zetai.htm

※フレーム対応のブラウザでご覧下さい。

『電波教師 11限目 面白い景色(おもしろいモン)』

征十郎、20分間で5点あげる。まさに、怪物!ゲーム世界の技を現実の試合で実現してしまうパワーがあった”七海征十郎”。

そして、東神鳴高校女子サッカー部は、銀杏学園サッカー部に勝利する。

で、”鑑純一郎”は、負けたので、”七海征十郎”の奴隷になる?

パワーある征十郎に圧倒された、銀杏学園サッカー部は、征十郎に周りに人々が集まる、サッカー部は、サッカー部への入部を勧める。

”いつか、仲間が現れるだろう。ただ、相当なバカだろうが”という、父親の言葉がよみがえった”七海征十郎”は、”鑑純一郎”のすごさを思い知る。そして、”奴隷”だの”勝ち負け"だのが、どうでもよくなくなる。

このような方向に導い純一郎、さずが!やっぱり、元天才!(おや?)

東神鳴高校女子サッカー部を試合に参加させるのは、簡単だったらしいが、銀杏学園サッカー部が試合に出てもらうため、”承諾”がもらえるまで、純一郎が選手の家の前で一晩中立っていたらしい。

やっぱ、”オタ教師”。

ところで、柊暦理事長がいつも閉じた扇子を口の前にあてがっていますが、いつも悔しくてハンカチなどの布きれを噛んでいるのか と思えます。

新キャラ登場で、次号へ。って、”征十郎更生編”が完結したんだらか当然だ(か?)

勝手に”電波教師”を解説してみました(1/22最終更新)↓
http://homepage3.nifty.com/soshigaya/denpak.htm

« コンテンツ”KinutaHandicraft”更新しました | トップページ | 『偽物語』、毎日新聞で紹介される »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コンテンツ”KinutaHandicraft”更新しました | トップページ | 『偽物語』、毎日新聞で紹介される »