« タイトープライズ『ねんどろいどぷち 化物語』 入手 | トップページ | よく聞く音楽ベスト15(2011年2月~3月集計分) »

2011年4月24日 (日)

ヤング ブラックジャック を見た

日テレで『ヤング ブラックジャック』を見ました。

ブラックジャックの大学時代の逸話です。

で、ブラックジャックが『無免許医』になったいきさつが見えます。

で、ブラックジャックの『間 黒男』が偽名らしく、本名は『間 時生』らしいことが描かれていましたが、同窓会に出席したブラックジャックは、『間 黒男』でみんなに紹介されているので、早い時期から偽名を使っていたらしいことが推測されます。

で、母親の名前が『間 美都子』っていうらしいです。

大学自体の親友である、『辰巳』が出てきますが、医者というより医療関係会社(問屋(?))の御曹司として今回は登場して、ブラックジャックに薬品・医療器具を提供していることになってました。

で、キリコがまだ軍医になる前にすでに、『安楽死思想』があったことをうかがわせる描写もありました(桐生直樹医師)。

まぁ~、今回の『ヤング ブラックジャック』では、初めと終わりが『ピノコ誕生』を臭わせる描写だったので、今後、『日テレ版ブラックジャック』ってやりたいみたいです(か?)。

で、今回の『ヤング ブラックジャック』を見たら、

バンダイビジュアル『ブラックジャック』1~3(ブラックジャック=隆 大介)を見て、
(原作漫画複数話で1巻を構成。結構原作に忠実。)

『TBS版ブラックジャック』1~3(ブラックジャック=本木雅弘)を見たら、
(女性刑事が死んじゃって、刑事の子共に刑事の心臓を移植したりで、いきなりシリアスな展開!オカルト的でもあるが、エンディングはかなりひょうきんな感じだったと思う。)

実写版では、完璧だと思います。

『朝日テレビ版ブラックジャック』何回か放送(ブラックジャック=加山雄三)は、『ブラックジャック』から『人間の正負』の『負』の部分を完全に削除して、『限りなき善の人=ブラックジャック』としたので、『本来のブラックジャックとはかけ離れた作品となっている』ので見なくていいです。

« タイトープライズ『ねんどろいどぷち 化物語』 入手 | トップページ | よく聞く音楽ベスト15(2011年2月~3月集計分) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« タイトープライズ『ねんどろいどぷち 化物語』 入手 | トップページ | よく聞く音楽ベスト15(2011年2月~3月集計分) »