« とある魔術の禁書目録 キャラクタ画集 を作った | トップページ | ねんどろいど 三千院ナギ »

2010年10月20日 (水)

少年サンデー 2010/47号 絶チル・他

ハヤテのごとく を 見たら、綾崎ハーマイオニー が登場していた。

本題、

絶対可憐チルドレン 235th sense. 幻影の肖像(8)

サプリメント、なし。

学園祭の演劇に出演していた悠里は、九具津の操る人形だった。

兵部は、ユーリを封印して、しばらく悠里として生活させ、その後、ユーリに黒い幽霊に戻るかどうか判断させるようだ。

ユーリを封印された悠里は終盤の舞台に戻る。

演劇の終了時、パティがマイクもって、ナレーションをする。嬉しそうだ。

演劇をみたみんなの心には、感動の嵐が吹き荒れる。読んでる方は全然だ。

そして、次号に続く。だって。

学園メロドラマになってしまった!刺激的な超能力バトルがほしい。

コミック23巻も発売中って。

イカ娘 とか ぬらりひょんの孫 が面白く思う今日この頃。

勝手に絶チルも見てね↓
http://homepage3.nifty.com/soshigaya/zetai.htm

※フレーム対応のブラウザでご覧下さい。

« とある魔術の禁書目録 キャラクタ画集 を作った | トップページ | ねんどろいど 三千院ナギ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« とある魔術の禁書目録 キャラクタ画集 を作った | トップページ | ねんどろいど 三千院ナギ »