« とある魔術の禁書目録 22巻 を読んで | トップページ | DVD付限定版アニメ『とある魔術の禁書目録』ノ全テ 入手 »

2010年10月13日 (水)

少年サンデー 2010/46号 絶チル他

ハヤテのごとく、6周年目で広告あり。

ねんどろいど、桂ヒナギク、綾崎ハーマイオニー(照れ顔)、三千院ナギの広告がありました。

先々週紹介した綾崎ハーマイオニーは、なみだ目!

発売がグッドスマイルカンパニーでなく、マックスファクトリーなのが原因なのか分かりませんが、他の ねんどろいど より300円高いです。

で2期が終わったので、映画化と思っていたら、台湾で実写版TV放送だって。スゲー。

まぁ、クールジャパンで海外では、日本のマンガやアニメは評判がいいようなので。

で本題、

絶対可憐チルドレン 234th sense. 幻影の肖像(7)

サプリメント、澪の保護者的な立場で文化祭に行くことになったコレミツは、少佐によって、

10才くらいの少年に見えるようにされてしまう。まぁ~なんというか?

葉の飲んだ薬のカプセルの中身は実は空だった!どうして葉は死にそうなんだ?

本編、ユーリの過去などがわかる内容。

兵部は、ファントムドータを抹殺! ユーリ死んじゃう!

と思ったら、ヒュプノによって、特定の人格のみを抹殺。

今後、ユーリは悠里として生きていけるのか? 続く。

なんか、絶チル関係で色々なサイトを見ていると、ファン投票しましょう! とか

絶チルが休載のときもサンデー買いましょう とか

ありますが、

最近の絶チルはイマイチ感じがします。

円高で為替が81円になって、冬のボーナスは絶望的で、給料の減額がほぼ決定で、社員数減少化の、今日この頃。

今後、作者の努力が足りないと、サンデー買うのをやめて、もっといくとコミックスの購入も出来なくなります。

つまり、無い袖は振れない ってことです。

« とある魔術の禁書目録 22巻 を読んで | トップページ | DVD付限定版アニメ『とある魔術の禁書目録』ノ全テ 入手 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« とある魔術の禁書目録 22巻 を読んで | トップページ | DVD付限定版アニメ『とある魔術の禁書目録』ノ全テ 入手 »