« 勝手に絶チル 更新した! | トップページ | 化物語 第六巻 パッケージ生産工場潜入レポート だって »

2010年7月20日 (火)

フィギュア撮影 ぶっちゃけ話

絶チル関係も一段落ついて、ネタがなくなったので、

この辺で、フィギュア撮影、最近変わった

と思うでしょう? 

の舞台裏を 紹介します。

でカメラは コンパクトデジカメ。 ペンタックスのoptio S30 って ちゃっち~い もの。

optioS30って乾電池で動くので、電池切れてもすぐ購入することで対応出来るタイプです。
Optios30

液晶画面が小さいので、画像確認時、パソコンにつないで、拡大表示してOK、NGを決めてます。

で、フィギュア撮影を紹介したサイトをみると、だいたい一眼レフカメラを使ってます。

一眼を使うほどカメラ好きじゃないし、技術や知識もありません。

身分相応ってヤツです。

三脚は使ったり、使わなかったり。高さが固定式出なく、高さを微調整出来るタイプが欲しい今日この頃。

スタンド型蛍光灯60W 2灯 でやってます。
ボーカロイドあたりから、蛍光灯使ってます。それまでは、フラッシュ一発!

レブ版とかは使ってません。

で、背景を真っ白にすると スイングの写真みたいにくらくなっちゃて。

色々条件かえて、30セットくらい撮影しました。

カメラ設定では、ホワイトバランスを蛍光灯、露出を+にするのがいいとわかりました。

あと、マクロ撮影モードにすると、フュギュアの狙った位置にピントが合いやすくなります。

フィギュアの顔に焦点がくるようにすると色合いがいいみたいです。

また、フィギュアがしゃべり出したら面白いと思ったので、撮影後、ソフトで吹き出しを加えて、テスト撮影として、そのオチを記念撮影としました。

ねんどろいどぷち『化物語セット 其ノ貮』の撮影につながっています。

自分では、『化物語セット 其ノ貮』の写真はそれなりによく撮れていると思います。

今後もフィギュアにしゃべらせたいです。

フィギュア撮影をよりよくするには、今持っているカメラで、色々条件を変えて撮影を繰り替えして、よりよい写真を見つけるのがいいと思いました。

フィギュア撮影はまだまだ初心者ですぅ~~。

« 勝手に絶チル 更新した! | トップページ | 化物語 第六巻 パッケージ生産工場潜入レポート だって »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 勝手に絶チル 更新した! | トップページ | 化物語 第六巻 パッケージ生産工場潜入レポート だって »