« 少年サンデー 24号 絶チル | トップページ | とある科学の超電磁砲 フィギュア »

2010年5月19日 (水)

少年サンデー 25号 絶チル

絶対可憐チルドレン 217th sense. マイ・ウイングス(1)

なんか意味深なサブタイトル。

サプリメントから、パンドラ本部『カタストロフィー号』は健在で海洋を移動しているようです。

本編は、終末ホスピタルで始まり、蕾見管理官が兵部の固まった考え方を解放しようと考えだした。

で、皆本はチルドレンとのとなりに引っ越すことになったみたいだか、チルドレンの部屋と皆本の部屋の間の壁にドアが出来てします。

なぜか、ドアの最終工事では、Aチームが大活躍!

マンションを勝手に工事しても、文句が出ない。さすが国家権力!!!!!

で、地震予知があり、続く。

物語の枝葉が増え、期待したい・・・・    が、よく裏切られる。

マッスル大鎌などは、ねんどろいど風にするとどうなるのか、考えると よくわからない!

となる今日、この頃。

« 少年サンデー 24号 絶チル | トップページ | とある科学の超電磁砲 フィギュア »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 少年サンデー 24号 絶チル | トップページ | とある科学の超電磁砲 フィギュア »