« 化物語 前書き | トップページ | 化物語 おまけ »

2009年9月19日 (土)

化物語 つばさキャット 其ノ壹

第十一話「つばさキャット 其ノ壹」

いきなり、4/29ゴールデンウィーク初日の回想シーン。

阿良々木君と羽川翼が歩いている。

羽川の複雑な家庭環境がわかる。

歩いている途中、車道に倒れている、白い猫を羽川が拾い上げて、

オープニング 戦場ヶ原ひたぎのキャラクターソングとそのアニメ。

白い猫は今後どのように絡んでくるのか? 期待。

いつもの公園に阿良々木君がやってくると、待っていた千石登場。

千石は先日のお礼がしたくて待っていたらしい。

で、神原を見つけてお礼を言おうとしたら、神原は疾風のごとく走り去った。

そこで、千石は神原から借りたブルマーとスクール水着を阿良々木君から神原に返してもらうようにした。

千石が表現するときアニメやマンガのキャラクターを持ち出すが、阿良々木君きっちり受け取るので、千石は楽しいらしい。また、漫才になってました。

阿良々木君は千石のスカートに手をかけ、引っ張って見たが、千石は無反応。
阿良々木君はエッチな会話を期待したらしいが、叶わす、ガックリ。

そんなこんなで、羽川が登場。

人見知りの激しい千石は、びっくりして走り去りました。

羽川と阿良々木君の会話が弾みます。

羽川はうわさになっていることを話します。

どうも阿良々木君が戦場ヶ原をダメ人間しているらしい。と

そのうち、羽川が頭痛を訴えます。

思わず、阿良々木君は前に羽川が頭痛を訴えたときのことを思い出します。

4/29からの7日間、羽川が頭痛を訴えたのち、ブラック羽川としての化け猫みたいになって、2人くらいを病院送りにしたらしい。

原因は、複雑な家庭環境からくるストレス。

ストレスだけなのでしょうか?

結局、忍野忍がブラック羽川のエネルギーを吸い取ることで、普通の羽川に戻りました。

ところで、ブラック羽川が戦場ヶ原ひたぎに見えたのですが。

阿良々木君が回想するうちに、羽川の頭痛は収まり、阿良々木君は、また、羽川の尻に敷かれました。

で、いつものエンディング。画面の下の方にパンツがずって、おしりを出しているのは、神原に思えるのですが。

エンディングメインの少女は、戦場ヶ原さん?

で、次回TV版最終回。どこかに戦場ヶ原さんと八九寺が登場するとうれしいです。

残り3話は、WEBで公開とか。パソコンって、起動・終了で時間がかかるし、操作を誤るとクラッシュするしで、ボタン1つで再生が簡単にできるデッキがいいと思っていたら、

「化物語」 第五巻 / つばさキャット(上) 2010/1/27発売
『つばさキャット 11~13話』収録。

「化物語」 第六巻 / つばさキャット(下) 2010/2/24発売
『つばさキャット 14~15話』収録。

ってことで、助かります。

今回は時間をかけなかったので、ひどい内容に思えます。

« 化物語 前書き | トップページ | 化物語 おまけ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 化物語 前書き | トップページ | 化物語 おまけ »