« アニメでの歌 | トップページ | 絶チル »

2009年9月12日 (土)

化物語 なでこスネイク 其ノ貳

第十話「なでこスネイク 其ノ貳」

オープイング 千石撫子のキャラクターソングとアニメ。

千石のことで、阿良々木君は、忍野に相談します。

千石がやっていたことは、除霊のようですが、やり方を間違ったのと、運が悪かったので、効き目がなかったようです。

千石にとりついた、怪異は、蛇切縄で、どうも恋敵の同級生による呪いのようです。

阿良々木君はお守りをもらって帰ってきます。

千石は裸に上着を羽織ったままです。

山の上の神社で除霊することになり、阿良々木君・神原・千石の三人で行きます。

神社の行く途中、阿良々木君は千石になぜ、告白した男の子をふったのか聞きます。

千石は、他に好きな人がいたからだと答えます。

そして、二人の会話は続き、千石は言います。

『お兄ちゃんって、なやましかったから』

・・・どうも千石は、阿良々木君に恋していたようです。

儀式のために着替えた千石があらわれます。スクール水着の姿で。

阿良々木君は、蛇がついているか、ついていないかわかる服装よかったのに、なぜ、スクール水着なのかを神原に聞きます。

神原は阿良々木君の趣味にあわせたと言いますが、一番うれしそうなのは神原です。

お守りを千石に持たせ、千石に祈らせ、除霊が始まります。

蛇を剥がすのに、手を出すと、手を出した者や呪った者を攻撃するので、自然に離れるのを阿良々木君と神原は待ちます。

順調に蛇が離れっていったかに見えましたが、取り憑いた蛇は1匹だけでは、なく2匹だったようです。

2匹目が離れず、千石をしめあげます。

2匹目の蛇は、ふられた男の子の呪いで憑いたようです。

見かねた阿良々木君が巻き付いた蛇を剥がします。

蛇は阿良々木君を襲います。蛇の姿は見えません。

阿良々木君はぼろぼろになります。

それを見かねた、神原が阿良々木君に声をかけ、二人のやりとりがしばらく続きます。

神原はいいます。

『・・・おとなしくしていれば、とこかにいってしまう』

阿良々木君を神原は押さえ込みます。

しばらくすると、蛇は去っていきました。呪いをかけた者のところへ。

阿良々木君は神原に言います。

『つらい思いをさせて、ごめん』

阿良々木君は、千石はもちろん、呪った者も救いたかったようですが、千石しか助けられず、とても悔しいようです。

真っ暗な神社への道筋がまるで昼間のような映像になったり、

『以下、シネマサイズ(?)』、『以下、広告』などの映像があり、単調になりがちなストーリーを面白くしています。

また、エッチさがない分をカバーするために、千石の着替え姿やエンドカードがカバーしています。

次回から、羽川翼が主演になり、どういう展開になるのか楽しみです?

« アニメでの歌 | トップページ | 絶チル »

コメント

なぜ、阿良々木君は戦場ヶ原さんとでは、なく、神原と神社に向かったのかという疑問が最近わいてきました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アニメでの歌 | トップページ | 絶チル »