« いいわけ | トップページ | パソコン壊れました! »

2008年9月26日 (金)

馬鹿なことを考えました

絶対温度0℃って、原子の運動のない状態だと理解してます。

そこで、絶対0℃になる過程を考えると、

だんだんと陽子とか中性子とか電子の運動量が減ってきて、相互作用も小さくなると考えると、陽子と中性子がぶつかりあったり、陽子と電子がぶつかりあったりで、核爆発が起こるのでははないかと想像しました。

別の想像は、気流で金属を絶対0℃に冷やしていくと、金属間の原子の結合がどんどん小さくなっていくので、金属原子が気流の流れの力に負けて飛ばされる、つまり、金属物質が蒸発する現象がおこるのでは、ないかと思いました。

また、別の妄想では、地球上で、物体を絶対0℃にするため、冷やしていくと原子や電子が重力に負けて引っ張られて、1つに集まると思ったので、ブラックホールができてしまう!

と馬鹿なことを考えている今日この頃ですぅ。

« いいわけ | トップページ | パソコン壊れました! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/194269/42599264

この記事へのトラックバック一覧です: 馬鹿なことを考えました:

« いいわけ | トップページ | パソコン壊れました! »