« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月31日 (日)

パソコンの管理

多くのパソコンの管理などは、どうやっているのだろうと思って、色々調べたら、表計算を使うか、資産管理ソフトを使うのが多いみたいです。

管理項目は、サーバーやパソコンなど機器のハードウェア情報、サーバーやサーバーソフトのユーザーID、ソフトのライセンス管理、ログオンユーザーID、メールユーザーIDとか、その他ユーザーID、 機器のIPアドレス、Macアドレス、保守契約内容と連絡先とかがあります。

昔は表計算で管理していたので、修正が発生するとファイル間でのコピー&ペーストが多発し、最後は印刷して管理してました。

そのうち、データベースソフトAccessを使い始めたら、修正時の操作が格段に減り、画面上ほしい情報表示して、印刷は棚卸しくらいになりました。
だから、ファイルが壊れると、何が何だかわからなくなります。

で、ユーザーとパソコンの紐付けでは、使用者がいなくて、保管になったり、現場設置のままとかあるので、ユーザー管理関係のテーブルは柔軟性を持たせ、場所を指定できるようにして、操作性をよくしてます。

最近は表計算、ワープロの使用頻度はデータベースに比べ、かなり少なくなっています。

あっ。今日は2006年最後の日だ。

さて、今年最後まで、おつきあいいただきありがとうございました。

皆様にとって、2007年がよい年になりますように、願ってやみません。

2006年12月30日 (土)

芸術を感じるとき

ある駅前通りに、ブロンズの子供の座っている像が設置されています。

ブロンズ像の清掃が行き届いていて、いつもきれいです。

あるとき、子供の像の上に、タバコの空き箱が数個置いてありました。
タバコの空き箱の置き方が考えに考えて、置いたようで、新しいオブジェの誕生を感じ、お~芸術!と感嘆し、鑑賞してました。

しばらくすると、清掃のおばちゃんが来て、タバコの空き箱を見るなり、怒って、空き箱を持ち去ってしまいました。

写真に撮っておかなかったのが残念です。

2006年12月29日 (金)

架空とは言い切れない。

人体は原子、分子で構成されているので、死ねば、防腐処理をして永年展示されるなど、特別のことがなければ、火葬なり、土葬なりして、朽ちて分子、原子として、大気中、土壌に存在することになります。

その分子などを細菌や植物が栄養として、吸収し、細菌や植物の構成成分として、蓄え、また、別の生物が細菌や植物を食べ、別の生物の構成成分として、蓄えることを繰り返す、食物連鎖で人体の構成成分となることが考えられます。

ここに輪廻転生があります。

2006年12月28日 (木)

花子の使用権について

ついに、グラフィックソフト花子の話題の登場です。

花子に付属する部品の使用権を見ると、学校内/企業内の使用にとどめるというようになってます。

商談なんかで、花子部品を使った資料を作った場合、企業間の使用となり、著作権侵害になります。

花子の最近の宣伝では、けっこう、企業での導入をターゲットにしているように思います。

花子部品は1万点くらいあるそうですが、以上のことより、企業で使う場合、意味ネ~で、部品をはずした製品を作って、販売価格を下げてもらったほうがいいです。

次に速攻ゼンリン地図とかゼンリン地図Z-Professional(?)では、地図の花子データ化ができますが、この花子データとした地図の使用権の狭いこと、狭いこと、いやになるほど使用範囲が狭いすぎて、もー大変です。

よって、速攻ゼンリン地図は使えません。

よって、自分の場合は、ホームページのダウンロードコーナーで公開しているように、各種ラスター形式の地図を集め、花子のベジェ曲線などを使って、手作業で、ベクター形式に変換することが今後も続きます。

で、新宿、神保町あたりを作ろっかな~、としたら、秋葉原のラスター形式の地図と縮尺が合わなくなり、元の地図の縮尺合わせから、やり直しとなり、秋葉原からの作り直しとなり、もー大変です。

そーゆうわけで、花子自体で作った作品の使用権関係も、怖い条件がついていたりして・・・・。

2006年12月27日 (水)

海外の人の日本での会話

えーと、海外企業と業務提携なんかして、海外の人を日本に呼んでの研修で、韓国の人と中国の人とフィリピンの人を集めました。

で、韓国の人と中国の人とフィリピンの人が直接話をするとき、英語で話すものと思っていたら、日本語で話していたので、すごく違和感が強かったです。
って、いうか、おもしろかったです。

2006年12月26日 (火)

歩くこと

目の前のお店に行くにも自動車を使うのが、地方だそうで、5分歩くってことになると自動車だそうです。

「歩いて30分」と言われ、「行ってくる」と歩き出すのが、江戸っ子だそうです。

自分の場合、1時間も歩いていると、ランナーズハイ状態になります。
でも最初のほうはアキレス腱が切れるかと思うほど痛いときが多いです。
で、どれくらいの早さで歩いてるのか計算したら、10km/h(信号などの待ち時間含む)になりました。

歩く速さをある人にいったら遅いと言われました。
その人は、フィットネスクラブのランニングマシンの上で歩いている速度だそうです。

フィットネスクラブでは温度・湿度一定で、視覚・聴覚をフル活動させる必要もなく、さらには、状況判断もいらいなで、神経や脳ミソが腐るだけだと思います。
まぁ、足は第二の心臓って言われるそうなので、そのへんの効果は期待できそうです。

2006年12月25日 (月)

中国籍の人

中国って、共産党指導でものごとが決まるらいしので、テレビなんかでみる市民(国民)へのインタビューに意味があるのか?、大変疑問に思います。

中国では、漢民族って言ってますが、漢 とは、 銀河のことらしく、日本の太陽に勝ってます。

ところで、中国からの留学生で青い目の回教徒の方がいましたが、漢民族以外は、待遇が悪いんだ と 言われてました。

でその、中国の回教徒の方と旅したときですが、あれは食えない、これは食えない とうるさいのなんのって、うるさくてたまりませんでした。

食物は、食べられることを前提として育てられて、殺されるので、食ってやるのが、功徳につながると思うのですが・・・・

2006年12月24日 (日)

HP-12月分の更新完了

ホームページ、 http://homepage3.nifty.com/soshigaya/ の12月分の更新が完了しましたので、お知らせいたします。

今回は、リフィル考 として、A5/バイブル/ポケット/ミニ6/ミニ5 の各サイズのリフィル用紙(PDF)がダウンロードできるようにしました。

2006年12月22日 (金)

HTML

久しぶりにホームページのHTMLをAdobeGoLiveでチェックしてみました。

構文エラーが山ほどでてます。よって、全ファイルのチェックが必要なようです。

コンテンツ構成するファイル総数は2700くらいなので、・・・・・・・・・。

全HTMLファイルは・・・・・・・200はあります。

ホームページ作成は、テキストエディタとWindowsのブラウザの組合せで作ってます。

画像なんかはペイント系ソフトで編集して、サイズをメモ書きして、img scr width height値を入力してます。

手打ちなので、よく、<b>~</b>が<b>~</a>なったり、

<img src="~" width="80" height="90">が<img src="~" widht="80" height="90">になったり、

<table><tr><td>~</td></tr></table>が<table><td>~</td></tr></table>になったり、

<td align="right">~</td>が<td aling="right">~</td>になったりしてます。

Macのサファリは厳格にタグを解釈するので、ホームページの表示を考えると、結構冷や汗ものです。

ちなみに文字コードは日本語EUCにしています。

2006年12月21日 (木)

ホッケー

国内のアイスホッケーを見ていると、パック(黒くて、分厚い円盤)がすでに近くにないのに、敵味方でスティックを振りかざし、果たし合いをすることが多いみたいです。

オリンピックのアイスホッケーの決勝戦などを見ていたら、実に優雅な動きの連続で、アイスホッケーって、氷上のスポーツなんだ、と思いました。

2006年12月20日 (水)

アイスキャッスル

フィギュアスケート真っ盛りな季節になりました。

イナバウアも進化してもらって、アラカワァーにしてほしいです。

うる覚えですが、フィギュアスケートにかける少女が成功するまでを描いたアイスキャッスルと言う映画がありました。

実は、ファンファーレ風にアレンジしたアイスキャッスルのテーマ曲を知ったあとに映画を見る機会があり、今回紹介しました。

アイスキャッスルのテーマ曲も好きですが、アフリカンシンフォニー、バードランド、マジック、トゥルースなんて曲も好きです。

普段、よく頭の中に流れてる曲は、ガイーヌのレズギンカで割り込みで剣の舞が入ってきます。

また、、カレリア組曲の行進曲やストレンジャー(in?)パラダイスなんかもよく思い出します。

2006年12月19日 (火)

パワー&フォース

クラブアメリカのサッカーの試合を見ていたら、アメリカに似合わず、エレガントな試合をしていたので、ビックリしました。
クラブアメリカって、メキシコのチームだったんですネ!

アメリカとスペインのサッカーの試合を見ていたとき、レッドカードの応酬で、単なる集団のケンカを見ているようで、さすがアメリカ、パワーだなと思いました。

アメリカ発祥の野球も、何かあるとすぐ、乱闘騒ぎになり、パワーを感じます。

プロバスケットボールもパワーを感じます。

アメリカンフットボールに至っては、ヘルメットをかぶったりして、完全にボールを追いかける集団でのプロレスで、やっぱりパワーです。

アメリカンフットボールに付きものの、チアリーディング(?)もエレガントというよりもパワーです。

アメリカの言うことを聞かない国は、パワーもとい、フォースで言うことをきかせます。

アメリカの集団スポーツは下手なプロレスやボクシングの試合を見ているよりも面白いかもしれません。

2006年12月18日 (月)

12月分更新予定のHPの進捗状況

一応扱うリフィルサイズは、A5/バイブル/ナロー/ポケット/ミニ6/ミニ5にしましたが、ナローサイズは、比較ベースになる市販品が入手できないので、今度の更新内容には入りません。

自作リフィルでA5/バイブル/ミニ5までは解説ページができました。

残りは、自作リフィルで、ポケット/ミニ6があり、ダウンロードコーナーの大幅修正、履歴内容の更新、サイトマップの更新、表紙、もくじの更新など、結構修正箇所が残っています。

果たして、ターゲットとしている、12/23~12/24で更新できるか、アブナイ状況になってきました。

最悪、仕事(飯代別途稼ぐ必要があるので。)の合間に内職したいです。

2006年12月16日 (土)

学校とサッカーの関係

えーと、学校なんかで、日の丸掲揚反対、国家斉唱反対の職員(先生?)がいらっしゃいます。

最近サッカーとかの試合を見てると、日本選手が胸に手を当てて、君が代に聞き入っている映像を見たり、サポーターが顔に日の丸を書いたりしてますが、

先の学校の職員の方はそーゆのを見て、苦々しく思っているのでしょうか?

サポーターの映像を見ると、しかめっ面した人がいないもので。

一応、外国で恥をかかないために、君が代がいい悪いは置いといて、君が代を歌えるようにしておくのがいいと思います。

2006年12月15日 (金)

アジア

日本の国会では、よく乱闘騒ぎがニュース映像に見られます。

韓国の国会でも乱闘騒ぎがあると聞きます。

台湾は有権者へのパフォーマンスで議員が殴り合いのケンカをするみたいです。

インドの国会では、議員1人1人に短いスタンドマイクが議員席に設置されているそうです。
議員が怒り出すとマイクを投げつける行動に出るそうで、当然標的とは違うところに飛んでいくので、別の議員がリベンジとばかり、マイクを投げ返すようになり、みんながマイクの投げ合いになって、インドの国会は紛糾するそうです。

こういうことを聞くと、インドもアジアだなぁ~ と親近感を覚えます。

2006年12月14日 (木)

現世について

すゲータイトルになりましたが、深い意味はありません。

タンパク質の原料である、アミノ酸には、鏡像関係にあるL体とD体があるそうで、工業生産するとLとDが混じるそうでが、生物では、L体しか使っていない。
なぜ?というのが、昔でしたが、最近では、タンパク質成分にL体に混じって、D体が入っているものがあるそうです。

で、タンパク質の劣化とうのは、なんだかよくわかりませんでしたが、L体がD体に変質するのが一つの要因といわれると、大変わかりやすいです。

ところで、地球の生物が利用するアミノ酸の多くがL体だそうで、なぜ、D体を使わず、これほど偏っているかについて、

1.素粒子も偏った振る舞いをするので、そのため。
2.たまたま、地球付近のアミノ分布がL体を中心とすつものであって、D体を中心とする空間があり、全体としては、L体とD体の量は等しい。

という考えがあるそうです。

ところで、2の考え方を延長すると、天文学的には、あり得ないそうですが、
太陽の裏側にもう一つの地球があって、D体中心の生物がいてもいいような気がします。
衛星探査結果を知らないので、あと適当なことを書きます。
発見できないのは、地球公転面に対して、垂直に観察衛星を打ち上げても、太陽光がまぶしくて、見えない。
太陽の裏側に衛星を送っても、太陽の重力レンズ効果で、地球に向けた衛星の通信が、太陽に吸収されてしまう。
など発見には、衛星2つくらい必要なのと、距離が馬鹿にならないので、費用がスゴイと思います。
イトカワの調査ができるなら、太陽の裏側の空間も調査して頂きたいです。

NASAですが、アメリカ大統領直属機関らいしので、場合によってはプロパガンダもあると思います。

2006年12月12日 (火)

mini5三つ折り何とかなりました

前にシステム手帳職人によりmini5-3つ折り片面-6ヶ月の印刷がうまくいかないと報告しましたが、勘違いで80%枠をミニ5枠として、計測していたので、うまく行かないように思えましたが、本当は、うまくいってました。
勢いづいて、ミニ5のリフィル一式を作り、一人悦にいってまいた。

A5/バイブル/ポケット/ミニ6/ミニ5の各花子ファイルの印刷テストが終了しました。
今週はPDFファイル化とその印刷テストになります。
ナローサイズは検証で使う、基準のリフィル等が入手できないので、来年以降の公開を目指します。

ホームページ用のシステム手帳関コンテンツは自分に取って久しぶりのビッグプロジェクトになってます。
1つ間違うと、12月中に公開できなくなります。

単なるグチ

書くことありません。しかたないので、グチを書きます。
以下、グチで、目がつぶれる恐れがあるのと、気分を害される恐れがあるので、見ないでネ。

Dellですが、パソコンの出張保守契約をしましたが、一度も修理にきたことがなく、誠意を感じられませんでした。
あと、レボノ(レノボ?)のトップが、Dellの人になったときましたが、IBM系のポインタこと、赤いグルグリが魅力的なのであって、タッチパッドになったら、レノボからパソコンを買う必要はないと思います。

家電メーカさんのパソコンは自分から見ると余計な・削除に手間のかかるパソコンのになるので、いまいちです。
特に某家電メーカーさんは、ジャストシステムさん用のOEMソフトを作っているくせに、ジャストシステムさんなどその規模以下のソフトハウスを徹底的にいじめたので、それしか手に入らない場合でも、買いたくありません。

2006年12月 9日 (土)

うまくいかない

ミニ5-3つ折りの件ですが、たった1枚印刷するのに微調整が必要で、テスト印刷が数枚必要で、実用的では、ありませでした。

あと、ファイロファックはシステム手帳の元祖らしいので、ミニ(67x105?)もそのうち、リフィル用紙を入手して、検証する必要がありそうです。

ナローサイズはリフィル用紙、ファイル、専用パンチの入手が必要です。

あと、公開リフィルファイルで作成・印刷テスト・カッター切り取り・穴開け・ファイルへの収納テストが終わったのが、ミニ5とミニ6です。

A5/バイブル/ポケットの各サイズはファイル作成中です。

さらに、個別解説ページは画像すら用意できていません。

公開まで、前途多難です。

今回、ターゲットをWindows/Macにするので、花子ファイルはほとんどなく、PDFになります。
Macは印刷環境がないので、使えますくらいしかいえません。

2006年12月 8日 (金)

システム手帳職人でミニ5印刷しよう

え~と、12/5から12/7、ブログサーバーのメンテのおかげで、ネタのない自分は、書き込みができなくて、大変助かりました。

さて、お好みシステム手帳では、リフィルサイズがいい加減(5mmの設定違い)なので、ミニ5印刷テストの結果、余白が目立ち、納得いく結果になりませんでした。

システム手帳職人では、A4/A5/バイブル/ポケットのリフィル印刷ができます。
システム手帳職人で、ポケットサイズを80%縮小して印刷すると、ミニ5サイズに近い大きさになり、見た目もいいです。

完全にミニ5にするため、切り取り枠を作り、切り取り枠を印刷して加工後、ポケットサイズ80%縮小印刷するとミニ5として満足いく結果になりました。

現在、システム手帳職人でのミニ5-3折り片面6ヶ月の印刷方法を実験中です。

ホームページ12月後半の更新(たぶん、クリスマスの頃)には、システム手帳職人でのミニ6、ミニ5サイズのリフィルの作り方を公開できると思います。

2006年12月 4日 (月)

やっぱりネタがない!

テレビで 横峰パパ と だれかさん の コラボレーション で 横漏れパパ と うんこりん と紹介してました。

せちがない今日この頃、これくらいのユーモアが※芋の【ほしいもの】です。

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »