2018年2月14日 (水)

少年サンデー2018年12号 など 感想

「トニカクカワイイ」
新連載!
かわいい女の子に見とれて、交通事故にあった少年。
交通事故で死ななかったのは、彼女のおかげ?
事故で気を失う前、彼女と約束したような・・・・
そして、普通の生活に戻った少年の前に事故で助けたくれた彼女があらわれ、
いきなり結婚!!なぜ?
彼女は何者??、そして次号につづく
とつかみはOK!!! 5月に1巻発売。

そして、新連載を記念して(?)久米田先生の作品が読み切り掲載。

「古見さんは、コミュ症です。」
また8ページ掲載。今回は古見さんのお母さんの過去のj話。結構ツパッテルぞ(?)。

「柊様は自分を探している」特別掲載。
戻ってきた!!

「天使とアクト!!」
途中まですごくおもしろかったけど、あるときから、普通におもしろい、になってしまった。

以上、自分の中のトピックス的感想でした。

サンデーうぇぶりサンデーコミックス2月新刊週間ランキング
500位までに入った作品
→ジンメン6 / 汚物は消毒です4
500位までに入らなかった(圏外)作品
→ぼっち博士の絶望的ユートピア2(完結)

来週は、サンデーコミックスのランキングが見えてくる。

ぼっち博士…2巻は紙で出版されて良かった。
悲惨なのは、途中まで紙で出版されて、後半電子版だけとかになると、紙版をかってる人間からすると、途中で絶版みたくなって大損。
例えば、2巻まで、紙があって、3巻/4巻(完結)が電子版だけの「天黒のラグラロク」だ。
「サンデーうぇぶり」のコミックスを紙で買うのは実にリスキーだ。

2018年2月12日 (月)

Zショーティーが発売されたらしい

Zショーティーが発売されたらしいです。
ロクハンのHPによると、発売日は2月6日。
発売されたのは、
【ST001-1 E5系新幹線 はやぶさ】 (3両セット) ¥1,380(税別)
【ST001-1 E5系新幹線 はやぶさ】 (3両セット) ¥1,380(税別)
【ST002-1 キハ52気動車】 ¥780(税別)
【ST003-1 EF66電気機関車】 ¥980(税別)
【SA001-1 動力シャーシ ノーマルタイプ】 ¥1,480(税別)
【SA002-1 動力シャーシ 新幹線タイプ】 ¥1,480(税別)
【SA003-1 トレーラーシャーシ ノーマルタイプ】 ¥980(税別)
【SA004-1 トレーラーシャーシ 新幹線タイプ】 ¥980(税別)
のようです。

ヨドバシカメラや上新電機で購入予約しいたと思われるネットの書き込みでは、商品が届いているようです。

自分は去年の10月に大手販売サイトで予約しましたが、発送日が2月下旬で、今のところ発送の変更通知はありません。

ロクハン製品については今後予約せず、問屋着日が発表されたら販売店を回ることにします。

2018年2月 7日 (水)

少年サンデー2018年11号など 感想

11号発売、
「古見さんは、コミュ症です。」8ページの掲載、3月発売の単行本編集作業でページが減ったのだろうか?

「だがしかし」「舞妓さんちのまかないさん」などいつも通りの面白さ。

ルーキー読み切り、
「トリックショット」、2ページを見た週刊、購読意欲がなくなった、10点。
「幼馴染みの華麗なる変身」、いいと思った、70点。
「チェリーゲーム」高校が舞台で「かわいい」登場人物という設定だけど、「幼すぎる」としか思わない、30点。

「妖怪ギガ」、クロ編に戻ったので、完結が近いのか?????

「十勝ひとりぼっち農園」、ただ単に「大人のエゴ」マンガになってしまった。
これが、ギャグだというなら「ビッグコミック」あたりに引っ越した方が良い。

さて、今後の連載、
12号畑健二郎先生「トニカクカワイイ」
13号松江名俊先生「君は008(ダブルオーエイト)」
14号柳生卓哉先生「メメシス」
とのこと。

「柳生卓哉」先生って、新人?
えーと、2014年9月ジャンプSQで「佳作」になって、その後同誌に読み切り3作品を発表した。
2016年9月24日発売のサンデーS増刊に「ナツの結露」を掲載した
という経歴。
また、ジャンプからの移籍か。

2018年1月31日 (水)

少年サンデー2018年10号など 感想

少年サンデー2018年10号などで気になったこと。

「蒼穹のアリアドネ」、ジャンプの雰囲気が色濃く漂う作品だと思った。

「マリー・グレイブ」面白い、主人公が一度死んで永遠の命を持って蘇っているので、ゾンビみたい。

「十勝ひとりぼっち農園」、編集部の予算で足となる車、しかも「高級車」を買おうとした作者。
雑誌企画だから安い軽自動車にしなさい。

「妖怪ギガ」クロ編の最後で、何かありそうな感じだったのに、何もなく今号に至る。

「十勝~」の開始ページが390で、雑誌値段が280円って、実質的な値上げになってる。

「だがしかし」2月に10巻発売。11巻は通常版と、「ほたるさん」フィギュア付き特別版が企画中だそうです。

サンデーS増刊連載の「スナックワールド」、2月発売の4月号で完結。
TVアニメもあとは「スカードン退治(スカードンから姫のパンツをとりもです)」が終わると、3月末でアニメも完結なのかと想像してしまう。
「ドラゴンナイト試練」や「魔王デミグラス降臨」をテーマにすればTVアニメは続けられるけど。

2018年1月24日 (水)

ロクハン「Zショーティー」発売延期なのか?

Amazonで「Zショーティー」の発売日を見ていたら、

1月末発売
【ST001-1 E5系新幹線 はやぶさ】 (3両セット) ¥1,380(税別)

2月末発売
【ST001-1 E5系新幹線 はやぶさ】 (3両セット) ¥1,380(税別)
【ST002-1 キハ52気動車】 ¥780(税別)
【ST003-1 EF66電気機関車】 ¥980(税別)
【SA001-1 動力シャーシ ノーマルタイプ】 ¥1,480(税別)
【SA002-1 動力シャーシ 新幹線タイプ】 ¥1,480(税別)
【SA003-1 トレーラーシャーシ ノーマルタイプ】 ¥980(税別)
【SA004-1 トレーラーシャーシ 新幹線タイプ】 ¥980(税別)

なっていて、「プラッツ キハ40」のは発売延期はAmazonで知ったのもあって、発売延期でなく、1次受付終了、2次受付の発売日であることを願っています。

もしは発売延期なら、5系新幹線は、1ヶ月、本当に展示だけで(購入時はディスプレーモデル)、他のZゲージみたく走らせて楽しめません。

2018年1月17日 (水)

少年サンデー2018年8号など 感想

WHF'18 winterの広告もほぼ「名探偵コナン」。
サンデーWebのおしらせもほぼ「名探偵コナン」。
超過激な就任の挨拶の市原編集長の気迫はどこに行ったのかと思う今日この頃。

週間コミックスランキング500で圏外になり、人気がないと思われる作品は「第九の波濤」「天翔のクアドラブル」「隕石少女」「妖怪ギガ」。
「天翔のクアドラブル」は今号で完結。
「隕石少女」は次号完結。
「第九の波濤」「妖怪ギガ」の完結は近いのか?

死神坊ちゃんと黒メイド」
サンデーに出張掲載。週間コミックスランキング500では、274位。ほどほど人気あり。
コミックスは「サンデーうぇぶり」なので、途中で「電子版のみ」となり完結巻まで出版物で揃わないリスクがある。

「絶対可憐チルドレン」
第50巻、通常版と特別版を会わせて(オリコン発表値+推定値)、約38,000部。
第49巻が約42,000部。
印刷物の売り上げから見ると人気が落ちているようだ。

「蒼穹のアリアドネ」
コミックスが発売されればファンがいると思われるので、コミックスランキングは伸びると思う。

「マリーグレイブ」
コミックスランキングから見て、サンデーS連載作品の評価が低かったが、「マリーのクレイブ」コミックスのランキングはどうなるだろうか?

サンデーS掲載では、
「スナックワールド」があるが、TVアニメのエンディングでは、「連載コロコロ」しかない。
コロコロ連載「スナックワールド」はTV放送とはかけ離れ「木下ベッカム」的なギャグマンガになっている(なんか下品)。
サンデーS版「スナックワールド」はTV放送のコミカライズ的で、放送内容を端折っている。
今のところ「セイ・レーン姉妹編」がコミカライズされていない。
さて、「スナックワールド」のTVアニメ放送は、1/11で「ビネガー」を打倒した。
但し、「魔王竜スカードン」は復活したようなので、「スカードン」退治が完了したら、多分次のダンジョンを用意すると思うけど、このままでは3月末でTV放送完結になってしまう。

サンデーS連載では、サンデー連載が短命に終わった「リオンさん、迷惑です。」の作者が描いている「セイギタイ~明治警察伝~」が1/18に発売。

1/18だと「境界ののRINNE40巻(完結)」なども発売。

2018年1月10日 (水)

少年サンデー2018年7号 感想

少年サンデーで「サンデーうぇぶり」のコミックス発売の広告があった。
サンデーうぇふりでは「初恋防衛軍」や「天黒のラグラロク」など出版物が途中から電子版のみとなる実績があり、サンデーうぇぶり出版物は全巻揃わないといつリスクがある!

「だがしかし」今回はアニメ放送を意識した。
アニメは、「だがしかし」と「たくのみ。」の合同枠だった。

「天翔のクアドラブル」次号完結!
コミックスランキング(出版物)を見ると圏外がだったから理解できる。
「第九の波濤」もランキングが悪かったが「電子版」の売り上げがいいのだろうか?

「隕石少女」未だに謎が解けない。
2月発売の4巻で完結なので、連載も終わりが近い。

「妖怪ギガ」新聞で話題になったと、webサンデーにあった。
朝日新聞2017年10月15日あたりあに「妖怪ギガ」だ取り上げられたらしい。
「妖怪ギガ」もランキングが悪かったが、これで延命になったのだろうか?

最近一番気に入のが「マリー・グレイブ」。

絶チル50巻は発売三週目となったが50巻普通版と特別版を併せて3万部(推定)と一時普通版だけで4万部を超えていた時と比べ大分人気が落ちてきた。

他の連載作品も面白い。

2018年1月 5日 (金)

ロクハン Zショーティーの動画

ロクハン「Zショーティー」車両走行動画がAmazonで公開されてました。

「Zショーティー」は、マニアではなく、ジオラマとかの知識のない一般人をターゲットにしているようにロクハンショールームの係員の二アンスでした。。

2018年1月 1日 (月)

謹んで新年のご挨拶を申し上げます

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

Sokh2018

2017年12月27日 (水)

少年サンデー2018年5/6合併号 感想 など

「名探偵コナン」の連載が休止したとはいえ、
サンデーは「名探偵コナン」のための雑誌かと想うほど、「コナン」の記事に注力しているように思う。
ところで、最近の「コナン」の単行本では、青山さんの名前しかないが、初めて発売された「コナン」の単行本には、青山さともう一人、計二名の名前があった。

でその頃、NHKの特集で「マンガ業界の立て直し」みたいな番組で、小学館の取り組みで、マンガの底上げのために、「コナン」の作画(デザイン)を女性漫画家(?)が担当して、編集者も増やしてマンガ雑誌を立て直して行くみたいな内容だったと記憶している。

ぶっちゃけ、コナンの登場人物の基本デザインは、青山さんじゃなく、名前の消された某女性にあると思っている。世間ほど青山さんを崇拝してはいない。

作品を抜粋して感想を。

「マリーグレイブ」
なんかワンピースっぽい絵柄。気に入った。

「舞妓さんちのまかなないさん」
きよさん達の今をやってほしい。

「だがしかし」
どこからか、急に興味を失ってしまった。

「十勝ひとりぼっち農園」
何かサンデーの予算で「土地」買うみたいな感じになってる。

他は本誌を見てほしいです。

SSCなど12月新刊週間ランキング
1位名探偵コナン94巻、オリコン50入選。
7位だがしかし9巻、オリコン50入選。
9位古見さんは、コミュ症です。7巻、オリコン50入選。
13位名探偵コナン 犯人の犯沢さん1巻、オリコン50入選?
27位天野めぐみはスキだらけ!9巻、オリコン50入選。
35位絶対可憐チルドレン50巻、オリコン50入選。
78位KING GOLF31巻、オリコン50圏外。
82位保安官エヴァンスの嘘2巻、オリコン50圏外。
107位あおざくら防衛大学校物語6巻、オリコン50圏外。
138位舞妓さんちのまかないさん4巻(2週目)
※舞妓さんちのまかないさん4巻(1週目)、オリコン34位。
208位名探偵コナン 純黒の悪魔1巻(S増刊連載)、オリコン圏外。
211位絶対可憐チルドレン50巻カレンダー付き特装版、オリコン圏外。
335位シノビノ2巻。
圏外(500位以下)、第九の波濤3巻(日別ランキング500、7日間全圏外)
※日別ランキング500位売り上げ1日あたり257部~314部。

※オリコン50は基本、木曜日に有料で発表です。

«ホームページ定期更新しました